[スポンサーリンク]


2014年 1月 14日

  1. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reagent

    概要bis(pyridine)iodonium(I) tetrafluoroborateは俗にBarluenga試薬と呼ばれ、求電子ヨウ素化反応の良い試薬となりうる。 (さらに…)…

  2. ボイヤー・シュミット・オーブ転位 Boyer-Schmidt-Aube Rearrangement

    概要アジドとカルボニル化合物をルイス酸存在下に反応させて転位を起こし、アミドを合成する反応。…

  3. NHPI触媒によるC-H酸化 C-H Oxidation with NHPI Catalyst

    有機触媒N-ヒドロキシフタルイミド(NHPI)は、酸化剤存在下に活性なN-オキシ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 神経細胞の伸長方向を光で操る
  2. Glenn Gould と錠剤群
  3. 準結晶的なナノパーティクルスーパーラティス
  4. ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する
  5. 研究開発分野におけるセキュリティ対策の傾向と、miHubでのセキュリティへの取り組み
  6. 聖なる牛の尿から金を発見!(?)
  7. Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP