[スポンサーリンク]

B

バールエンガ試薬 Barluenga’s Reagent

 

概要

bis(pyridine)iodonium(I) tetrafluoroborateは俗にBarluenga試薬と呼ばれ、求電子ヨウ素化反応の良い試薬となりうる。

基本文献

  • Barluenga, J. Pure. Appl. Chem. 1999, 71, 431. doi:10.1351/pac199971030431
  • Barluenga, J.; Gonzalez-Bobes, F.; Murguia, M. C.; Ananthoju, S, R,; Gonzalez, J. M. Chem. Eur. J. 2004, 10, 4206.
  • Chalker, J. M.; Thompson, A. L.; Davis, B. G. Org. Synth. 2010, 87, 288. [website]

 

反応機構

 

反応例

下記のように様々な反応に適用可能である(Org. Synth. 2010, 87, 288より引用)。

Barelunga_I_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allyl…
  2. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)
  3. ウルツ反応 Wurtz Reaction
  4. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyana…
  5. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knor…
  6. 1,3-双極子付加環化反応 1,3-Dipolar Cycloa…
  7. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autoc…
  8. ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天然にある中間体から多様な医薬候補を創り出す
  2. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  3. ユニークな名前を持つ配位子
  4. 肩こりにはラベンダーを
  5. アルケンのE/Zをわける
  6. ルドルフ・クラウジウスのこと② エントロピー150周年を祝って
  7. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」
  8. トラネキサム酸 / tranexamic acid
  9. ボリルヘック反応の開発
  10. 血液型をChemistryしてみよう!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP