[スポンサーリンク]


2014年 2月 26日

  1. DNAに人工塩基対を組み入れる

    地球上の生命体が遺伝物質としてDNAを使っていること、またその遺伝情報はアデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C)という僅か4種類の塩基でコードされることは、よく知られた事実です。このシンプルな遺伝暗号が生み出す2…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!
  2. 浜松ホトニクスがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました
  3. なぜあなたは論文が書けないのか
  4. アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–
  5. アジリジンが拓く短工程有機合成
  6. ボーディペプチド合成 Bode Peptide Synthesis
  7. ミヤコシンA (miyakosyne A)

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP