[スポンサーリンク]


2014年 2月 26日

  1. DNAに人工塩基対を組み入れる

    地球上の生命体が遺伝物質としてDNAを使っていること、またその遺伝情報はアデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C)という僅か4種類の塩基でコードされることは、よく知られた事実です。このシンプルな遺伝暗号が生み出す2…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis
  2. 製薬会社のテレビCMがステキです
  3. ノーベル化学賞まとめ
  4. 新型コロナウイルスの化学への影響
  5. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など
  6. マイクロ波プロセスの工業化 〜環境/化学・ヘルスケア・電材領域での展開と効果〜(1)
  7. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxidation with Peroxide

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP