[スポンサーリンク]


2015年 3月 23日

  1. 「化学の匠たち〜情熱と挑戦〜」(日本化学会春季年会市民公開講座)

     【日時】2015/3/28 (土)  13:30-17:00【場所】日本大学理工学部船橋キャンパス 13号館【内容】再生医療の現場、最先端の化学繊維、そして宇宙と世界の先端で科学研究に携 わる研究者…

  2. マーティン・バーク Martin D. Burke

    マーティン・D・バーク(Martin D. Burke、1976年2月5日-)は、アメリカの有機化学…

  3. ボタン一つで化合物を自動合成できる機械

    つい先日、イリノイ大学・Martin Burke教授のグループから、大変にインパクトある報告がなされ…

  4. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授

    最近頻繁に公開している研究者へのインタビュー。ご協力いただいた先生方には心より感…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 二量化の壁を超えろ!β-アミノアルコール合成
  2. 骨粗鬆症、骨破壊止める化合物発見 理研など新薬研究へ
  3. 化学者のためのエレクトロニクス講座~5Gで活躍する化学メーカー編~
  4. 鄧 青雲 Ching W. Tang
  5. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus
  6. 有機合成化学協会誌2019年5月号:特集号 ラジカル種の利用最前線
  7. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP