[スポンサーリンク]

ケムステニュース

【インドCLIP】製薬3社 抗エイズ薬後発品で米から認可

[スポンサーリンク]

レトロビル?米食品医薬局(FDA)は19日、英グラクソスミスクラインが開発したエイズ治療薬「AZT」のジェネリック医薬品(後発医薬品)の米国内での販売を、インド製薬最大手など3社に認可した。ブルームバーグが報じた。

 グラクソのAZTはエイズ治療薬としては草分け的存在で、「レトロビル」の名で1987年から販売されている。ジェネリック薬販売の認可を受けたのは、インド製薬最大手ランバクシー・ラボラトリーズ、インド大手オーロビンド・ファーマ、独ベーリンガーインゲルハイムの米子会社。(引用:フジサンケイビジネスアイ

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 原子力機構大洗研 150時間連続で水素製造 高温ガス炉 実用化へ…
  2. ライオン、男性の体臭の原因物質「アンドロステノン」の解明とその抑…
  3. 地位確認求め労働審判
  4. ふるい”で気体分離…京大チーム
  5. 東海カーボンと三菱化学、カーボンブラックの共同会社を断念
  6. Jエナジーと三菱化が鹿島製油所内に石化製品生産設備を700億円で…
  7. アステラス製薬、過活動膀胱治療剤「ベシケア錠」製造販売承認取得
  8. 劣性遺伝子押さえ込む メンデルの法則仕組み解明

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupling of Enolate
  2. バイオタージ Isolera: フラッシュ自動精製装置がSPEED UP!
  3. カルボン酸をホウ素に変換する新手法
  4. 第2回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  5. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  6. 地位確認求め労働審判
  7. ミヤコシンA (miyakosyne A)
  8. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Synthesis
  9. 【書籍】合成化学の新潮流を学ぶ:不活性結合・不活性分子の活性化
  10. マット・シグマン Matthew S. Sigman

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP