[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

マーティン・バーク Martin D. Burke

[スポンサーリンク]

マーティン・D・バーク(Martin D. Burke、1976年2月5日-)は、アメリカの有機化学者である。イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校教授。

経歴

1998 ジョンホプキンス大学 卒業(Henry Brem教授、Gary H. Posner教授)
1998-2005 ハーバードメディカルスクール MD
1999-2003 ハーバード大学・ハワードヒューズ医科研究所 PhD(Stuart Schreiber教授)
2005 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 助教授
2009 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 Affiliate Faculy
2009 ハワード・ヒューズ医科研究所 Early Career Scientist
2011 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 准教授
2014 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 教授

受賞歴

2017 Nobel Laureate Signature Award in Graduate Education in Chemistry, ACS
2016 Maximizing Investigator’s Research Award, National Institutes of Health
2014 Thieme-International Union of Pure and Applied Chemistry (IUPAC) Prize in Synthetic Organic Chemistry
2014 American Asthma Foundation Scholars Award
2014 Hirata Gold Medal, Japan
2014 International Organic Chemistry Foundation Lectureship Award, Japan
2013 Kavli Foundation Emerging Leader in Chemistry Award, American Chemical Society
2013 Elias J. Corey Award for Outstanding Original Contribution in Organic Synthesis by a Young Investigator, American Chemical Society
2013 University of Illinois Innovation Discovery Award
2012 Novartis Chemistry Lectureship: Basel, Horsham, Shanghai, Singapore, San Francisco, and Cambridge
2011 Arthur C. Cope Scholar Award, American Chemical Society
2011 Teacher Ranked as Excellent, UIUC Center for Teaching Excellence
2010 Bristol-Myers Squibb Lectureship at Harvard University
2010 Frontiers in Chemistry Lectureship at The Scripps Research Institute
2010 Novartis Lectureship at The University of California Berkeley
2009 Howard Hughes Medical Institute Early Career Scientist
2009 Alfred P. Sloan Foundation Research Fellowship
2009 Bristol-Myers Squibb Unrestricted Grant in Synthetic Organic Chemistry Award
2009 Eli Lilly Grantee Award
2009 AstraZeneca Excellence in Chemistry Award
2009 Amgen Young Investigator Award
2009 Bristol-Myers Squibb Lectureship at Princeton University
2009 Thieme Chemistry Journals Award
2008 Teacher Ranked as Excellent, UIUC Center for Teaching Excellence
2008 Arnold and Mabel Beckman Foundation Young Investigator Award
2008 “World’s 35 Top Innovators Under 35” Technology Review Magazine
2008 National Science Foundation CAREER Award
2008 “Scientist to Watch” The Scientist Magazine
2007 Teacher Ranked as Outstanding, UIUC Center for Teaching Excellence
2006 Teacher Ranked as Excellent, UIUC Center for Teaching Excellence
2005 ACS Petroleum Research Foundation Type G Award
2005 Camille and Henry Dreyfus New Faculty Award
2005 Henry Asbury Christian Award, Harvard Medical School
2003 National Institutes of Health Medical Scientist Training Program Fellowship
2000 Howard Hughes Medical Institute Predoctoral Fellowship
1998 Hunterian Research Award – Johns Hopkins Department of Neurosurgery
1997 Phi Beta Kappa – Junior Year, Johns Hopkins University
1997 Howard Hughes Undergraduate Research Fellowship – Johns Hopkins University
1997 Provost’s Undergraduate Research Award – Johns Hopkins University
1994-1998 Dean’s List – Johns Hopkins University
1994-1998 Beneficial Hodson Scholar – Johns Hopkins University
1994-1998 Maryland Distinguished Scholar

研究概要

MIDAボロネートを用いる連続骨格構築法の開発[1]

peridinin_4
ボロン酸N-メチルイミノ二酢酸(MIDA)エステルは、各種化学条件に安定な優れたボロン酸の保護基である。たとえばフリーのボロン酸存在下に鈴木カップリングを行なってもMIDAボロネートは反応しない。

この特性を活かし、MIDAボロネートを備えるビルディングブロックを多数用意し、それぞれカップリング→脱保護と繰り返して連結させていくことで、複雑な化合物が簡便に合成できる方法論を確立した。以下は本法を活用した天然物ペリニジンの全合成経路[2]である。

peridinin_5

 

また2015年には本法の特性を最大限に活用し、ボタン一つで複雑有機化合物を自動合成可能な装置の開発にも成功している[3]。

AutomatedSynth_5低分子化合物を用いたケミカルバイオロジー研究[4][5]

自身で合成したAmphotericin B(AmB)をもちいたケミカルバイオロジー研究に従事。また、ヒノキチオールが鉄輸送用複合体を欠いている酵母細胞に金属を移動させるために鉄を結合する低分子として効果的に働くことを見いだしている。

関連動画

関連文献

  1.  Gillis, E. P.; Burke, M. D. Aldirchimica Acta 2009, 42, 17.
  2.  Woerly, E. M.; Cherney, A. H.; Davis, E. K.; Burke, M. D. J. Am. Chem. Soc. 2010132, 6941.  doi: 10.1021/ja102721p
  3.  Li, J.; Ballmer, S. G.; Gillis, E. P.; Fujii, S.; Schmidt, M. J.; Palazzolo, A. M. E.; Lehmann, J. W.; Morehouse, G. F.; Burke, M. D. Science 2015, 347, 1221. DOI:10.1126/science.aaa5414
  4. Davis, S. A.; Vincent, B. M.; Endo, M. M.; Whitesell, L.; Marchillo, K.; Andes, D. R.; Lindquist, S.; Burke, M. D. Nature Chemical Biology 2015, 11, 481-487.
  5. Grillo, A.S.; SantaMaria, A.M.; Kafina, M.D.; Cioffi, A.G.; Huston, N.C.; Han, M.; Seo, Y.A.; Yien, Y.Y.; Nardone, C.; Menon, A.V.; Fan, J.; Svoboda, D.C.; Anderson, J.B.; Hong, J.D.; Nicolau, B.G.; Subedi, K.; Gewirth, A.A.; Wessling-Resnick, M.; Kim, J.; Paw, B.H.; Burke, M.D.;  Science 2017, 356, 608

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. フランク・グローリアス Frank Glorius
  2. ピーター・シュルツ Peter G. Schultz
  3. 城戸 淳二 Junji Kido
  4. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel
  5. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whiteside…
  6. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjas…
  7. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb
  8. 赤﨑 勇 Isamu Akasaki

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 吉良 満夫 Mitsuo Kira
  2. ヘゲダス遷移金属による有機合成
  3. 人工軟骨への応用を目指した「ダブルネットワークゲル」
  4. 製薬各社 2010年度 第2四半期決算を発表
  5. 無金属、温和な条件下で多置換ピリジンを構築する
  6. alreadyの使い方
  7. 2016年ケムステ人気記事ランキング
  8. ボールペンなどのグリップのはなし
  9. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Borylation
  10. ダルツェンス縮合反応 Darzens Condensation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP