[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke

[スポンサーリンク]

スティーブン・ヴァン・スライク (Steven Van Slyke、19xx年xx月xx日-)は米国の化学者。元イーストマン・コダック社研究員。有機発光ダイオード(OLED)の発明者の一人(写真:burux.com)。

経歴

19xx Ithaca College 卒業
19xx ロチェスター研究所 修士号取得
1979-2010 イーストマン・コダック社 勤務
2010 カティーバ(Kateeva)CTO(Chief Technology Officer)

受賞歴

2001 ACS Industrial Innovation Award
2004 ACS Award for Team Innovation

研究業績

有機発光ダイオード(OLED)の発明

1980年後半に鄧 青雲とともに、低分子の有機化合物を用いた積層機能分離型デバイス発光素子を開発し、発光の高効率化に成功した[1]。この報告以来、OLEDの研究競争が活発化し、一大分野が勃興するに至った。

このイノベーションは、超薄型フラットパネルディスプレイの実現へと直結している。近年では照明への実用化に向けた研究も進んでおり、特に白色有機EL照明は蛍光灯に代わる新たな照明として注目を集めている。

OLED_2.jpg(画像:wired.com)

関連文献

  1. Tang, C. W.; Van Slyke, S. Appl. Phys. Lett. 1987, 51, 913. doi:10.1063/1.98799

関連動画

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. チン・リン Qing Lin
  2. 遠藤守信 Morinobu Endo
  3. Wen-Jing Xiao
  4. 田中耕一 Koichi Tanaka
  5. リチャード・ラーナー Richard Lerner
  6. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo
  7. 平尾一郎 Ichiro Hirao
  8. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究留学術―研究者のためのアメリカ留学ガイド
  2. スコット・デンマーク Scott E. Denmark
  3. 【エーザイ】新規抗癌剤「エリブリン」をスイスで先行承認申請
  4. クレメンゼン還元 Clemmensen Reduction
  5. ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成
  6. 韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について
  7. C60MC12
  8. サリドマイドを監視
  9. ReadCubeを使い倒す(1)~論文閲覧プロセスを全て完結させる~
  10. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

先日、ある機器メーカーの企業の研究所長とお会いした際、最近の採用面接の状況について話をした。…

麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ

(さらに…)…

Pallambins A-Dの不斉全合成

保護基を使用しない、pallambins A-Dの不斉全合成が初めて達成された。今後これらのジテルペ…

アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy

アメリカでPh.D.を取るために誰もが通る関門、それがQualifying Examや、Candid…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP