[スポンサーリンク]


2015年 4月 22日

  1. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis 5th Edition

    内容An indispensable reference for any practicing synthetic organic or medicinal chemist, this book continue…

  2. 大環状ヘテロ環の合成から抗がん剤開発へ

    分子構造に“大きな環”(大員環)を含む化合物は大環状化合物(マクロサイクル)と称され生物…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高分解能顕微鏡の進展:化学結合・電子軌道の観測から、元素種の特定まで
  2. 第56回「複合ナノ材料の新機能を時間分解分光で拓く」小林洋一 准教授
  3. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界
  4. 化学とウェブのフュージョン
  5. ノーベル化学賞メダルと科学者の仕事
  6. 生体共役反応 Bioconjugation
  7. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

注目情報

最新記事

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

PAGE TOP