[スポンサーリンク]

ケムステニュース

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼びかけている。(タイムズ・オブ・イスラエル6月15日)

臭素は18トンの移送用タンクから漏れ出たそうで、周辺の住民は屋内待機を命ぜられ、高速道路も一次閉鎖されたそうです。臭素は蒸気圧が低くく拡散しやすいため、工場周辺を撮影した写真により漏洩エリア周辺が茶色になっています。また、消防隊が撮影したビデオは、タンク下部からどんどん漏れ出している衝撃的な映像になっています。臭素は腐食性が高いため、取り扱いに注意しなくてはなりませんが、残念ながら日本でも臭素の漏洩事故はたびたび起きています。

死海付近では、臭素の含有量が高い鉱水が産出されるため、イスラエルはアメリカに次いで第二位の臭素生産量があります。そのため、この工場も臭素を製造していると予想されます。

消防隊では、この漏洩に対して穴をシールして更なる漏洩を防いだとしています。

関連書籍

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. 有機化学美術館へようこそ ~分子の世界の造形とドラマ
  2. 論文のチラ見ができる!DeepDyve新サービス開始
  3. タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA
  4. カシノナガキクイムシ集合フェロモンの化学構造を解明
  5. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  6. 2009年度日本学士院賞、化学では竜田教授が受賞
  7. 「元素戦略プロジェクト」に関する研究開発課題の募集について
  8. クラレ 新たに水溶性「ミントバール」

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition
  2. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute
  3. 170年前のワインの味を化学する
  4. 紫綬褒章化学者一覧 Medal with Purple Ribbon
  5. 大環状ヘテロ環の合成から抗がん剤開発へ
  6. 科学を伝える-サイエンスコミュニケーターのお仕事-梅村綾子さん
  7. J-STAGE新デザイン評価版公開 ― フィードバックを送ろう
  8. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  9. 近況報告PartIV
  10. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第189回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。…

触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

第188回目のスポットライトリサーチは、竹田 光孝(たけだ みつたか)さんにお願いしました。…

研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)

Naphtです。研究者のためのCG作成術①、②、③に続き、研究者向けのCGの作り方について紹介しよう…

CSJジャーナルフォーラム「ジャーナルの将来像を考える」

いよいよ今年も日化年会の期日が迫って参りました!ケムステでも例年通り、参加者の方々に有益な各種企画の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP