[スポンサーリンク]


2015年 8月 11日

  1. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜

    前回、前々回はヨーロッパの博士課程の概略と出願方法について紹介しました。今回は、日本から飛び立ちヨーロッパでの面接について紹介します。また、その後の合格後の手続きについてもまとめましたので、順に紹介していきます。 (さらに&hell…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. サントリー、ビールの「エグミ物質」解明に成功
  2. リガンド結合部位近傍のリジン側鎖をアジド基に置換する
  3. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  4. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction
  5. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  6. 第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授
  7. 結晶構造データは論文か?CSD Communicationsの公開

注目情報

最新記事

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

PAGE TOP