[スポンサーリンク]


2015年 12月 03日

  1. 光学活性有機ホウ素化合物のカップリング反応

    英国ブリストル大学のAggarwal教授は有機ホウ素アート錯体の転位反応に着目し、独自の手法で光学活性な有機ホウ素化合物の合成を行い、合成したホウ素化合物の変換反応を確立することによって様々な不斉炭素骨格の構築を可能とし…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学で何がわかるかーあなたの化学、西暦何年レベル?ー
  2. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyde
  3. M.G.フィン M. G. Finn
  4. ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製
  5. 周期表の歴史を振り返る【周期表生誕 150 周年特別企画】
  6. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾
  7. 排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

注目情報

最新記事

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

PAGE TOP