[スポンサーリンク]


2015年 12月 03日

  1. 光学活性有機ホウ素化合物のカップリング反応

    英国ブリストル大学のAggarwal教授は有機ホウ素アート錯体の転位反応に着目し、独自の手法で光学活性な有機ホウ素化合物の合成を行い、合成したホウ素化合物の変換反応を確立することによって様々な不斉炭素骨格の構築を可能とし…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 電気刺激により電子伝導性と白色発光を発現するヨウ素内包カーボンナノリング
  2. 第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!
  3. 有機化学実験基礎講座、絶賛公開中!
  4. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応
  5. 2012年ノーベル化学賞は誰の手に?
  6. アレクセイ・チチバビン ~もうひとりのロシア有機化学の父~
  7. シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

注目情報

最新記事

in-situ放射光X線小角散実験から明らかにする牛乳のナノサイエンス

第425回のスポットライトリサーチは、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所(物構研)の高木…

アセトアミノフェン Acetaminophen

 アセトアミノフェン (acetaminophen) は、有機化合物の一つ。海外ではパラセタ…

不安定な高分子原料を従来に比べて 50 倍安定化することに成功! ~水中での化学反応・材料合成に利用可能、有機溶媒の大幅削減による脱炭素に貢献~

第424回のスポットライトリサーチは、京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科 バイオベースマテリアル学…

【10月開催】マイクロ波化学ウェブセミナー

<内容>今月もテーマを分けて2回開催いたします。第一…

越野 広雪 Hiroyuki Koshino

越野 広雪(こしの ひろゆき)は、NMRやマススペクトルなどのもとにした有機分子の構造解析を専門とす…

PAGE TOP