[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

フタロシアニン phthalocyanine

フタロシアニン(Phthalocyanine)は、ポルフィリンのメソ位の炭素が窒素に置き換わった構造をしている。

フタロシアニンは、その鮮やかな色が特徴的であり、古くから顔料として用いられています。近年では、新幹線の車体の塗料として使われている他、化粧品、マスクなどにも使用されており、まさに”身のまわりの分子”です。

吸収波長に、特徴がありQ帯と呼ばれる600nm?800nmに強い極大吸収を用いています。光学的な利用については、ポルフィリン類ほど多くはないが、耐久性に優れていることより、実用化に向けて研究が盛んに行われている。

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. マツタケオール mushroom alcohol
  2. 酒石酸/Tartaric acid
  3. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)
  4. メバスタチン /Mevastatin
  5. カスガマイシン (kasugamycin)
  6. ユーコミン酸 (eucomic acid)
  7. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)
  8. ITO 酸化インジウム・スズ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天然物界70年の謎に終止符
  2. ボリルヘック反応の開発
  3. 13族元素含有ベンゼンの合成と性質の解明
  4. スマホページをリニューアルしました
  5. 学振申請書を磨き上げる11のポイント [文章編・前編]
  6. 一重項分裂 singlet fission
  7. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis
  8. ワサビ辛み成分受容体を活性化する新規化合物
  9. オルガテクノ大賞2005受賞者決定!
  10. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP