[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

フタロシアニン phthalocyanine

フタロシアニン(Phthalocyanine)は、ポルフィリンのメソ位の炭素が窒素に置き換わった構造をしている。

フタロシアニンは、その鮮やかな色が特徴的であり、古くから顔料として用いられています。近年では、新幹線の車体の塗料として使われている他、化粧品、マスクなどにも使用されており、まさに”身のまわりの分子”です。

吸収波長に、特徴がありQ帯と呼ばれる600nm?800nmに強い極大吸収を用いています。光学的な利用については、ポルフィリン類ほど多くはないが、耐久性に優れていることより、実用化に向けて研究が盛んに行われている。

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. ボルテゾミブ (bortezomib)
  2. シスプラチン しすぷらちん cisplatin
  3. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)
  4. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)
  5. カルボプラチン /carboplatin
  6. IGZO
  7. フェノールフタレイン ふぇのーるふたれいん phenolphth…
  8. レスベラトロール /resveratrol

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 白リンを超分子ケージに閉じ込めて安定化!
  2. 2005年3月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  3. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxindole Synthesis
  4. モリブデン触媒
  5. 神経細胞の伸長方向を光で操る
  6. 第一製薬、仏サノフィに脳梗塞予防薬の営業権を返還
  7. Illustrated Guide to Home Chemistry Experiments
  8. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  9. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman
  10. ロゼムンド・リンドセー ポルフィリン合成 Rothemund-Lindsey Porphyrin Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP