[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

フタロシアニン phthalocyanine

フタロシアニン(Phthalocyanine)は、ポルフィリンのメソ位の炭素が窒素に置き換わった構造をしている。

フタロシアニンは、その鮮やかな色が特徴的であり、古くから顔料として用いられています。近年では、新幹線の車体の塗料として使われている他、化粧品、マスクなどにも使用されており、まさに”身のまわりの分子”です。

吸収波長に、特徴がありQ帯と呼ばれる600nm?800nmに強い極大吸収を用いています。光学的な利用については、ポルフィリン類ほど多くはないが、耐久性に優れていることより、実用化に向けて研究が盛んに行われている。

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. ボルテゾミブ (bortezomib)
  2. カイニン酸 kainic acid
  3. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroaniso…
  4. カルボプラチン /carboplatin
  5. フェノールフタレイン ふぇのーるふたれいん phenolphth…
  6. ギンコライド ginkgolide
  7. バニリン /Vanillin
  8. チエナマイシン /thienamycin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益
  2. ジョン・ハートウィグ John F. Hartwig
  3. 集積型金属錯体
  4. 化学五輪で日本の高校生2人が金メダル
  5. 生化学実験:プラスチック器具のコンタミにご用心
  6. 水素化トリ(sec-ブチル)ホウ素リチウム/ナトリウム/カリウム L/N/K-Selectride
  7. タミフルの新規合成法・その3
  8. 犬の「肥満治療薬」を認可=米食品医薬品局
  9. この窒素、まるでホウ素~ルイス酸性窒素化合物~
  10. 分子構造を 3D で観察しよう (3):新しい見せ方

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP