[スポンサーリンク]

ケムステニュース

スイス・ロシュの1―6月期、純利益4%増

スイスの製薬大手ロシュが20日発表した1―6月期決算は、純利益が32億4200万スイスフラン(約2850億円)と前年同期から4%増えた。日米欧主要3市場での医薬品販売が好調だったほか、診断薬部門も伸びた。 (引用:日本経済新聞

 

新規血管新生阻害剤であるアバスチンヒト化モノクローナル抗体 )の売り上げが好調らしいです。また、抗インフルエンザウイルス剤タミフルの売り上げが、特に日本ではインフルエンザが流行したために好調であったようです。

 

  • 関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 野依さん講演を高速無線LAN中継、神鋼が実験
  2. サリドマイドの治験、22医療機関で 製薬会社が発表
  3. ライオン、男性の体臭の原因物質「アンドロステノン」の解明とその抑…
  4. アステラス製薬、過活動膀胱治療剤「ベシケア錠」製造販売承認取得
  5. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  6. H-1B ビザの取得が難しくなる!?
  7. 液中でも観察OK 原子間力顕微鏡: 京大グループ開発
  8. 112番元素が正式に周期表の仲間入り

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 未来の病気診断はケータイで!?
  2. 耐熱性生分解プラスチック開発 150度でも耐用 阪大
  3. アンモニアがふたたび世界を変える ~第2次世界大戦中のとある出来事~
  4. 製薬各社 2011年度 第2四半期決算
  5. 研究職の転職で求められる「面白い人材」
  6. 分子光化学の原理
  7. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成
  8. シャピロ反応 Shapiro Reaction
  9. 小松紘一 Koichi Komatsu
  10. ちょっとキレイにサンプル撮影

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP