[スポンサーリンク]

ケムステニュース

スイス・ロシュの1―6月期、純利益4%増

[スポンサーリンク]

スイスの製薬大手ロシュが20日発表した1―6月期決算は、純利益が32億4200万スイスフラン(約2850億円)と前年同期から4%増えた。日米欧主要3市場での医薬品販売が好調だったほか、診断薬部門も伸びた。 (引用:日本経済新聞

 

新規血管新生阻害剤であるアバスチンヒト化モノクローナル抗体 )の売り上げが好調らしいです。また、抗インフルエンザウイルス剤タミフルの売り上げが、特に日本ではインフルエンザが流行したために好調であったようです。

 

  • 関連書籍

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 自律的に化学実験するロボット科学者、研究の自動化に成功 8日間で…
  2. 第7回ImPACT記者懇親会が開催
  3. 化学企業のグローバル・トップ50
  4. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  5. 化学五輪、日本代表4人の高校生が「銅」獲得
  6. 旭化成ファーマ、北海道に「コエンザイムQ10」の生産拠点を新設
  7. 夏:今年もスズメバチ防護服の製造ピーク
  8. エーザイ 巨大市場、抗ガン剤開発でライバルに先行

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 私がケムステスタッフになったワケ(5)
  2. 科学警察研究所
  3. 若手研究者に朗報!? Reaxys Prizeに応募しよう
  4. 新人化学者の失敗ランキング
  5. 「富士フイルム和光純薬」として新たにスタート
  6. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  7. 米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字
  8. 名もなきジテルペノイドの初の全合成が導いた構造訂正
  9. 化学研究ライフハック: 研究現場のGTD式タスク管理
  10. カルタミン

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ものづくりのコツ|第10回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP