[スポンサーリンク]


2016年 9月 16日

  1. 芳香族求核置換反応で18Fを導入する

    ~SNArの知られざる一面~芳香族求核置換反応は、芳香環上の脱離基が求核剤によって置換される反応であり、古くから汎用される信頼性の高い有機反応の1つです。いくつか存在する反応機構の中で代表的な付加−脱離(SNAr)機構は、 求…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 光延反応 Mitsunobu Reaction
  2. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その1
  3. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発
  4. アルケンでCatellani反応: 長年解決されなかった副反応を制御した
  5. 第146回―「原子から社会までの課題を化学で解決する」中村栄一 教授
  6. Nature Chemistryデビュー間近!
  7. 「オプトジェネティクス」はいかにして開発されたか

注目情報

最新記事

ピレスロイド系殺虫剤のはなし~追加トピック~

Tshozoです。先日TL上でちょっと気になる話を見ましたでございますのよhttps://t…

ライトケミカル工業2024卒採用情報

当社の技術部は、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化学の生…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカルは、化学メーカーが開発した化学製品の生産をお手伝いする会社です。受託生産からスケールア…

E.・ピーター・グリーンバーグ E. Peter Greenberg

E・ピーター・グリーンバーグ(Everett Peter Greenberg, 1948年11月7日…

「フント則を破る」励起一重項と三重項のエネルギーが逆転した発光材料

第421回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻 中山研究室の相澤 直矢(…

PAGE TOP