[スポンサーリンク]


2016年 9月 16日

  1. 芳香族求核置換反応で18Fを導入する

    ~SNArの知られざる一面~芳香族求核置換反応は、芳香環上の脱離基が求核剤によって置換される反応であり、古くから汎用される信頼性の高い有機反応の1つです。いくつか存在する反応機構の中で代表的な付加−脱離(SNAr)機構は、 求…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ポンコツ博士の海外奮闘録① 〜博士,米国に上陸す〜
  2. ご注文は海外大学院ですか?〜選考編〜
  3. Angewandte Chemieの新RSSフィード
  4. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek
  5. 「話すのが得意」でも面接が通らない人の特徴
  6. 室温で液状のフラーレン
  7. 危険物データベース:第5類(自己反応性物質)

注目情報

最新記事

松田 豊 Yutaka Matsuda

松田 豊(まつだゆたか, 1985年07月04日-)は、抗体薬物複合体(ADC)の製造技術を開発して…

化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き

長瀬産業株式会社、ナガセ情報開発株式会社は、2023年2月1日より、化学品ドキュメントの配付管理ツー…

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

PAGE TOP