[スポンサーリンク]

K

ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knorr Glycosidation

 

概要

グリコシルハライドを銀などのソフトルイス酸によって活性化し、グリコシド結合を形成する反応。しかしながら、グリコシルドナーの不安定性ゆえ、近年ではあまり用いられない。

代替法としてフッ化グリコシルが多用されている(向山法)。C-F結合の強さゆえ、安定に存在しうる。この場合にはハードルイス酸を活性化剤として用いることが一般的である。

アノマー位の立体選択性は、2位の置換基隣接基関与に大きく依存する。

 

基本文献

  • Koenigs, W.; Knorr, E. Ber. 1901, 34, 957.
  • Schmidt, R. R. Comp. Org. Syn. 1991, 6,33.
  • 鈴木啓介、長澤徹哉 有機合成化学協会誌 1992, 50, 378.

 

反応機構

オキソニウムカチオンを経由する。
koenigs_knorr_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidati…
  2. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefi…
  3. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddit…
  4. エシュバイラー・クラーク反応 Eschweiler-Clarke…
  5. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent
  6. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz …
  7. 9-フルオレニルメチルオキシカルボニル保護基 Fmoc Prot…
  8. 三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 米ファイザー、感染予防薬のバイキュロンを買収
  2. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PDT)
  3. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reaction
  4. 難溶性多糖の成形性を改善!新たな多糖材料の開発に期待!
  5. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文
  6. 鈴木 章 Akira Suzuki
  7. 鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化
  8. 英文校正会社が教える 英語論文のミス100
  9. 名古屋メダル―受賞者一覧
  10. オーラノフィン (auranofin)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP