[スポンサーリンク]

K

ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knorr Glycosidation

 

概要

グリコシルハライドを銀などのソフトルイス酸によって活性化し、グリコシド結合を形成する反応。しかしながら、グリコシルドナーの不安定性ゆえ、近年ではあまり用いられない。

代替法としてフッ化グリコシルが多用されている(向山法)。C-F結合の強さゆえ、安定に存在しうる。この場合にはハードルイス酸を活性化剤として用いることが一般的である。

アノマー位の立体選択性は、2位の置換基隣接基関与に大きく依存する。

 

基本文献

  • Koenigs, W.; Knorr, E. Ber. 1901, 34, 957.
  • Schmidt, R. R. Comp. Org. Syn. 1991, 6,33.
  • 鈴木啓介、長澤徹哉 有機合成化学協会誌 1992, 50, 378.

 

反応機構

オキソニウムカチオンを経由する。
koenigs_knorr_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 原子移動ラジカル重合 Atom Transfer Radical…
  2. ローゼンムント還元 Rosenmund Reduction
  3. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddit…
  4. バートン反応 Barton Reaction
  5. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative…
  6. ピナー反応 Pinner Reaction
  7. 光延反応 Mitsunobu Reaction
  8. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  2. C(sp3)-Hアシル化を鍵とするザラゴジン酸Cの全合成
  3. MT-スルホン MT-Sulfone
  4. 大久野島毒ガス資料館
  5. 2009年イグノーベル賞決定!
  6. 青色LED和解:中村教授「日本の司法制度は腐ってる」
  7. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff Reaction
  8. 未踏の構造に魅せられて―ゲルセモキソニンの全合成
  9. 「携帯」の電池で電車走る・福井大などが実験に成功
  10. 化学の資格もってますか?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP