[スポンサーリンク]


2016年 12月 07日

  1. 拡張Pummerer反応による簡便な直接ビアリール合成法

    拡張Pummerer反応として、 -シグマトロピー転位を経由するアリールスルホキシドとフェノール類とのビアリール合成法が報告された。温和な条件、簡便な操作のみ要し、汎用性が高い。遷移金属触媒を用いないビアリール結合形成反応ビアリール…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 知られざる有機合成のレアテク集
  2. 浦野 泰照 Yasuteru Urano
  3. アルキン来ぬと目にはさやかに見えねども
  4. 次世代電池の開発と市場予測について調査結果を発表
  5. 【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】
  6. 尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ あとがき
  7. バートン脱アミノ化 Barton Deamination

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP