[スポンサーリンク]

ケムステニュース

水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」

「正当性の無い商品テスト結果」「容認できる範囲を逸脱した暴挙」――。国民生活センターが2016年12月に公表した「水素水」に関する調査報告書に対し、複数の水素水メーカーが「納得できない」と怒りの声を上げた。 (引用:JCASTニュース2月1日)

以前、「水素水」健康効果うたう表示は問題 国民生活センターが業者に改善求めるというニュースをケムステで取り上げましたが、この結果に対して、水素水と水素水を生成する装置を販売しているメーカーは、水素ガス濃度の検査方法や調査プロセスに「問題があった」と猛反発し、国民生活センターに意見書を送ったそうです。メーカーの反論をまとめると、

  1. 国民生活センターは19社の水素水のみ調べていて、その結果が公表され報道機関によってやり玉に挙げられているので不公平である
  2. 国民生活センターの溶存水素の測定方法に問題あり値が低く見積もられている

といった主張に分けられます。2に関して、国民生活センターの実験では、商品の開封または水素の生成後、ガラス容器に移したり、一分間の静置時間をおいてから水素濃度を溶存水素センサーで測定していますが、このわずかな測定までの真が濃度を低くしていると主張しています。確かに水に溶解している水素は抜けやすく、すぐに値が変化することは理解できます。しかし肝心なことは、水素が入った水を人が飲んだ時にどれくらいの濃度があるかが重要であり、数百ミリリットルの水を一気に飲み干せる人はなかなかいないと思います。そのため、人体に入る水素の量を測定するという観点では、国民生活センターの測定方法に問題があるとは思えません。また、コメントの中にガスクロはガスを測定するもので溶存水素を測定するには不向きとのコメントもありますが、溶存水素もガスですし、水素ガスそのものを定量できるので、電極で測定する方法よりも他の影響が少ないと思います。もちろんppmオーダーの測定の際には、正確なキャリブレーションが必要であることは言うまでもありません。

国民生活センターが使用した溶存水素センサーのプローブ

国民生活センターが使用した溶存水素センサーのコントローラー

水素水の人体への効能は今のところよくわかっていません。問題は水素が水にほとんど溶けないことであり(最大1.57 ppm)その小さな溶解性の中で値がちょっと低いからと言って人体への取り込み量はさほど変わらないと思います。中にはわざわざppbを使って数を大きく見せているWebサイトもあり、水素がたくさん入っているように誇張しています。

1 ppm は、100万分の1つまり0.0001%で1 ppbは、10億分の1つまり0.0000001%です。

ニュースによる取材で、水素ビジネスを行っている会社の私達は「これで生活しているので、本当に困っているんです」とコメントしていますが、それはどの会社も同じで、自社の製品を売ってお金を稼ぎ、お給料をもらって生活しています。重要なことは、国民生活センターが調べた製品のみが悪くてほかの製品は問題ないということではなく、水素水全般についてどういうものか再考する必要があると思います。

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. 2010年日本化学会各賞発表-学術賞-
  2. 2011年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  3. ノバルティス、米カイロンを5000億円で完全子会社に
  4. 首席随員に野依良治氏 5月の両陛下欧州訪問
  5. 「さびない鉄」産業界熱視線
  6. マラリア治療の新薬の登場を歓迎する
  7. 「イオンで農薬中和」は不当表示・公取委、米販2社に警告
  8. のむ発毛薬の輸入承認 国内初、年内にも発売へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2013年就活体験記(1)
  2. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その2~
  3. edXで京都大学の無料講義配信が始まる!
  4. DOIって何?
  5. 窒素固定をめぐって-1
  6. バージェス試薬 Burgess Reagent
  7. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授
  8. タンパク質立体構造をPDBjViewerで表示しよう
  9. 不斉アリル位アルキル化反応を利用した有機合成
  10. 文化勲章にノーベル賞の天野さん・中村さんら7人

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧

チャールズ・スターク・ドレイパー賞(Charles Stark Draper Prize)とは、全米…

染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

第127回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学のDepartment of Biochemis…

クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP