[スポンサーリンク]

archives

光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステルの高エナンチオ選択的 [3+2] 環化反応

T2937.gif


Luらは光学活性ジペプチドホスフィン触媒 (O-TBDPS-D-Thr-N-Boc-L-tert-Leu-ジフェニルホスフィン) を用いるイミンとアレン酸エステルの高エナンチオ選択的 [3+2] 環化反応を報告しています。本反応は5 mol%の触媒量で,1時間以内に完結します。本反応により,2位にアルキル基あるいはアリール基を持つ3-ピロリン誘導体が高エナンチオ選択的かつ高収率で得られています。さらに本反応を主要工程に用いた,ピロリジンアルカロイドである (+)-トラケランタミジンの合成を行っています。

X. Han, F. Zhong, Y. Wang, Y. Lu, Angew. Chem. Int. Ed. 2012, ,em>51, 767.

TCIでは不斉有機触媒を数多く取り揃えております。製品情報はこちらを参照ください。
>> 不斉有機触媒

関連記事

  1. Shvo触媒 : Shvo’s Catalyst
  2. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】
  3. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  4. 米国、カナダにおけるシェール・ガスによるLNGプロジェクトの事業…
  5. 安全なジアゾメタン原料
  6. エポキシ樹脂の硬化特性と硬化剤の使い方【終了】
  7. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  8. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フライデーハーバー研究所
  2. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  3. タウリン捕まえた!カゴの中の鳥にパイ電子雲がタッチ
  4. 分子構造を 3D で観察しよう (2)
  5. 未来切り拓くゼロ次元物質量子ドット
  6. (1-ジアゾ-2-オキソプロピル)ホスホン酸ジメチル:Dimethyl (1-Diazo-2-oxopropyl)phosphonate
  7. 三菱化学の合弁計画、中国政府が認可・330億円投資へ
  8. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望
  9. ケムステ10年回顧録― 副代表版
  10. 国武 豊喜 Toyoki Kunitake

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP