[スポンサーリンク]

archives

光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステルの高エナンチオ選択的 [3+2] 環化反応

T2937.gif


Luらは光学活性ジペプチドホスフィン触媒 (O-TBDPS-D-Thr-N-Boc-L-tert-Leu-ジフェニルホスフィン) を用いるイミンとアレン酸エステルの高エナンチオ選択的 [3+2] 環化反応を報告しています。本反応は5 mol%の触媒量で,1時間以内に完結します。本反応により,2位にアルキル基あるいはアリール基を持つ3-ピロリン誘導体が高エナンチオ選択的かつ高収率で得られています。さらに本反応を主要工程に用いた,ピロリジンアルカロイドである (+)-トラケランタミジンの合成を行っています。

X. Han, F. Zhong, Y. Wang, Y. Lu, Angew. Chem. Int. Ed. 2012, ,em>51, 767.

弊社では不斉有機触媒を数多く取り揃えております。製品情報はこちらを参照ください。
>> 不斉有機触媒

関連記事

  1. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Ac…
  2. pre-ELM-11
  3. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…
  4. 2,4,6-トリイソプロピルベンゼンスルホニルクロリド:2,4,…
  5. はてブ週間ランキング第一位を獲得
  6. Accufluor(NFPI-OTf)
  7. ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレッ…
  8. 低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アロイ・フュルストナー Alois Furstner
  2. サリドマイドを監視
  3. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』
  4. 最近の有機化学注目論文3
  5. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見
  6. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸
  7. 日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム
  8. 産業紙閲覧のすゝめ
  9. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議
  10. 掟破り酵素の仕組みを解く

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP