[スポンサーリンク]

archives

光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステルの高エナンチオ選択的 [3+2] 環化反応

T2937.gif


Luらは光学活性ジペプチドホスフィン触媒 (O-TBDPS-D-Thr-N-Boc-L-tert-Leu-ジフェニルホスフィン) を用いるイミンとアレン酸エステルの高エナンチオ選択的 [3+2] 環化反応を報告しています。本反応は5 mol%の触媒量で,1時間以内に完結します。本反応により,2位にアルキル基あるいはアリール基を持つ3-ピロリン誘導体が高エナンチオ選択的かつ高収率で得られています。さらに本反応を主要工程に用いた,ピロリジンアルカロイドである (+)-トラケランタミジンの合成を行っています。

X. Han, F. Zhong, Y. Wang, Y. Lu, Angew. Chem. Int. Ed. 2012, ,em>51, 767.

弊社では不斉有機触媒を数多く取り揃えております。製品情報はこちらを参照ください。
>> 不斉有機触媒

関連記事

  1. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium D…
  2. trans-2-[3-(4-tert-ブチルフェニル)-2-メチ…
  3. 色素増感太陽電池の 実用化に向けたモジュール製造/セル作製技術【…
  4. グラフェンの量産化技術と次世代デバイスへの応用【終了】
  5. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diio…
  6. 有機ELディスプレイの最新技術【終了】
  7. スーパーブレンステッド酸
  8. (+)-2,2′-メチレンビス[(3aR,8aS)-…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 実践・化学英語リスニング(3)生化学編: 世界トップの化学者と競うために
  2. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる
  3. 第17回 研究者は最高の実験者であるー早稲田大学 竜田邦明教授
  4. Ph.D. Comics – Piled Higher and Deeper
  5. 高機能・高性能シリコーン材料創製の鍵となるシロキサン結合のワンポット形成
  6. 紹介会社を使った就活
  7. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ
  8. 鍛冶屋はなぜ「鉄を熱いうちに」打つのか?
  9. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synthesis
  10. ヘゲダス遷移金属による有機合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP