[スポンサーリンク]

archives

光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステルの高エナンチオ選択的 [3+2] 環化反応

[スポンサーリンク]

T2937.gif


Luらは光学活性ジペプチドホスフィン触媒 (O-TBDPS-D-Thr-N-Boc-L-tert-Leu-ジフェニルホスフィン) を用いるイミンとアレン酸エステルの高エナンチオ選択的 [3+2] 環化反応を報告しています。本反応は5 mol%の触媒量で,1時間以内に完結します。本反応により,2位にアルキル基あるいはアリール基を持つ3-ピロリン誘導体が高エナンチオ選択的かつ高収率で得られています。さらに本反応を主要工程に用いた,ピロリジンアルカロイドである (+)-トラケランタミジンの合成を行っています。

X. Han, F. Zhong, Y. Wang, Y. Lu, Angew. Chem. Int. Ed. 2012, ,em>51, 767.

TCIでは不斉有機触媒を数多く取り揃えております。製品情報はこちらを参照ください。
>> 不斉有機触媒

関連記事

  1. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  2. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩…
  3. ケムステが文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞しました
  4. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tri…
  5. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  6. ニュースタッフ参加
  7. ケムステの記事が3650記事に到達!
  8. カーボンナノチューブの分散とその応用【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. JSRとはどんな会社?-1
  2. 近況報告Part III
  3. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化
  4. イオン性置換基を有するホスホール化合物の発光特性
  5. 2009年6月人気化学書籍ランキング
  6. ケムステタイムトラベル2011~忘れてはならない事~
  7. その反応を冠する者の名は
  8. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement
  9. 背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?
  10. 【追悼企画】生命現象の鍵を追い求めてー坂神洋次教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

第59回の海外化学者インタビューは日本から、清水敏美 教授です。独立行政法人産業技術総合研究所(AI…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  …

光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発

第248回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(宮内研究室)・河村 玲哉さんにお願い…

大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当?

大幸薬品は、同社が展開する「クレベリンシリーズ」の航空輸送について、注意喚起を行っている。  (引用…

第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

第58回の海外化学者インタビューは、バーニー・グラブス教授です。ダートマス大学化学科に所属(訳注:現…

サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

サミュエル・H・ゲルマン(Samuel H. Gellman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP