[スポンサーリンク]

ディスカッション

フライパンの空焚きで有毒ガス発生!?

[スポンサーリンク]

 

フッ素樹脂加工のフライパンは、焦げ付きにくく大変便利なフライパンです。しかし、空焚きをすると有毒なガスが発生するということが広まり始めているようです。実際はどうなのでしょうか。

 

巷を賑わしているきっかけ

5月25日の『あさイチ』(NHK)でフライパン特集が放映されましたが、フッ素樹脂加工されたものは「加熱しすぎると有害な蒸気(ガス)が発生する」と紹介され、ツイッター上では視聴者から「小鳥なら死ぬ」なんて声があがりさらにさらにざわつくことに。(引用:ガジェット通信5月26日)

このように、フライパンの空焚きはとても危険な印象を記事から受けます。空焚きを避けるべきと記載していますが、洗いたてのフライパンは濡れていて油を注ぐことができないので少しは空焚きをする必要があります。また、筆者は独身なので少ない量でフライパンを使わなくてはなりません。

 

フッ素樹脂とは

そもそもフッ素樹脂とはフッ素を含むオレフィンの重合物であり、耐熱性耐薬品性が高く、有機合成実験では多くの器具がフッ素樹脂で作られています。テフロンは、デュポン社のフッ素樹脂類の商標であり、その他にもたくさんのフッ素樹脂の商標があり、①フッ素の含有率(フッ素のみが結合しているか水素も含まれているか)②分子構造の違い(直鎖だけか枝分かれしているか)③形状(オイルかゴムなど)など様々な違いがあります。

mono40468696-150115-02

お馴染みの回転子

神奈川県によるフライパンの加熱実験

先ほどの記事では神奈川県の実験結果を紹介しており、それが非常にインパクトがあるように見えます。神奈川県の内容を要約すると、フッ素樹脂(テフロン)加工したフライパンを単純に温めてガスの発生を目視、GC-MSなどで確認したそうです。その結果、下記のようなガスが発生したと報告しています。

untitled

そして、人体の影響を下記のように記してあります。

No. 発生したガスの名称 ガスの性質 人への影響の恐れ (出典)
1 テトラフルオロエチレン 無色、無臭 呼吸困難 (CAS)
2 ヘキサフルオロプロペン 無色、無臭 めまい、窒息 (CAS)
3 プロペン 無色、微石油臭 眠気、めまい (CAS)
4 クロロメタン 無色、微芳香臭 吐気、頭痛 (CAS)
5 ブテン 無色、無臭 眠気、めまい (MSDS)

これらの結果と調査結果について、下記のような問題があると私は考えます。

  • クロロメタンが発生しているが、塩素を含むガスがフッ素樹脂から発生するとは考えられず、フッ素樹脂以外から発生していると考えられる。
  • 定性的な情報のみで定量的な議論がない。
  • 人への影響を記した表がMSDSの情報を写していて、フライパンから発生した程度のガスを吸引するとめまいなどの影響が確実に出るように見える。

このように、科学的な議論が足りない結果であり、フッ素樹脂加工をこの結果からだけでは悪者にすることはできないと思います。

 

旭硝子によるフッ素樹脂の燃焼実験

フッ素樹脂製造の大手、旭硝子ではエチレン-テトラフルオロエチレン共重合体の燃焼ガスの分析に関する論文を公開しています。実験を要約するとフッ素樹脂のフィルムを750℃で燃焼し、発生したフッ化水素と有機物を定量しています。結果、試料1g 当たり 約570mgのフッ化水素が発生し、5L テドラーバック中に1 ppm以下の有機系ガスが発生したと報告しています。ガス種としては、ペンタフロロプロピレン(例:CF3CF=CHF)、テトラフロロプロピレン(例: CF3CF=CH2、CF3CH=CHF)、トリフロロプロピレ ン(例:CF3CH=CH2)などが同定されたそうです。

フライパンを空焚きするような低温では、フッ化水素よりも有機ガスがより発生すると考え、仮にフッ化水素と同等の量のテトラフルオロエチレンが発生したとすると、5L テドラーバック中に7.4 ppmのガスが発生すると計算できます。テトラフルオロエチレンのTLV-TWA値2 ppmなので、7.4 ppmは若干高いものの、家庭のキッチンは5 Lよりもとても広く、換気扇もあるため、空焚きし続けてもガスの人体への暴露量はより7.4 ppmよりもずっと低いと考えられます。

 

フッ素樹脂のフライパンは危険なのか?

旭硝子の実験を参考にし、長時間の空焚きを避ければ問題ないと私は考えます。もちろん、人体は非常に敏感で人によっては、影響が出るリスクもあります。リスクという観点から見れば、

  • 有機ガス発生の健康被害のリスクを負ってフッ素樹脂のフライパンを使う
  • 空焚きをせず、フライパンの水分による油はねのやけどのリスクを負ってフッ素樹脂のフライパンを使う
  • フッ素樹脂のフライパンを使わず、焦げたものを食べ続け、ガンになるリスクを負う。

もちろん、どのリスクもいくらでも対策はあるので、上記のようなリスクは非常に低いと考えられます。そのため、フッ素樹脂の空焚きのリスクだけを過剰に気にするべきではないと私は考えます。

 

関連書籍

関連リンク

関連記事

  1. 『リンダウ・ノーベル賞受賞者会議』を知っていますか?
  2. 創薬開発で使用される偏った有機反応
  3. V字型分子が実現した固体状態の優れた光物性
  4. ウッドワード・ホフマン則を打ち破る『力学的活性化』
  5. 触媒がいざなう加速世界へのバックドア
  6. みんなーフィラデルフィアに行きたいかー!
  7. 反芳香族性を有する拡張型フタロシアニン
  8. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光刺激で超分子ポリマーのらせんを反転させる
  2. ヒト遺伝子の ヒット・ランキング
  3. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride Exchange (SuFEx)
  4. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough
  5. 「人工知能時代」と人間の仕事
  6. 究極のエネルギーキャリアきたる?!
  7. アレクセイ・チチバビン ~もうひとりのロシア有機化学の父~
  8. Reaxys体験レポート反応検索編
  9. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation
  10. モーテン・メルダル Morten P. Meldal

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

乾燥剤の種類と合成化学での利用法

今回は溶液や化合物の乾燥と乾燥剤などについて話をしようかと思います。書いてみてかなり基本的な話になり…

第18回次世代を担う有機化学シンポジウム

今回の次世代シンポは一味違います!一般講演の優秀発表賞と優秀ディスカッション賞があるのはこれまで…

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP