[スポンサーリンク]


2017年 4月 21日

  1. 一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方

    (さらに…)…

  2. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応

    カリフォルニア大学バークリー校・F. Dean TosteおよびChristopher J. Cha…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. V字型分子が実現した固体状態の優れた光物性
  2. 誤った科学論文は悪か?
  3. アブラナ科植物の自家不和合性をタンパク質複合体の観点から解明:天然でも希少なSP11タンパク質の立体構造予測を踏まえて
  4. 非天然アミノ酸合成に有用な不斉ロジウム触媒の反応機構解明
  5. 研究助成情報サイト:コラボリー/Grants
  6. 家庭での食品保存を簡単にする新製品「Deliéa」
  7. コラボリー/Groups(グループ):サイエンスミートアップを支援

注目情報

最新記事

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

PAGE TOP