[スポンサーリンク]

C

コープ転位 Cope Rearrangement

 

概要

[3,3]シグマトロピー転位の基本。
平衡反応であり、1,5-ヘキサジエンの場合には140 kJmol-1のエネルギー障壁を越える活性化エネルギーを与えると相互変換が起きる。

合成化学的観点からは、oxy-Cope転位などのように、生成系が安定になるように基質を工夫した不可逆反応系の価値が高い。(関連反応を参照)

 

基本文献

  • Cope, A. C.; Hardy, E. M. J. Am. Chem. Soc. 194062, 441. DOI: 10.1021/ja01859a055
  • Rhoads, S. A.; Raulins, N. R. Org. React. 197522, 1.
  • Hill, R. K. Comprehensive Organic Synthesis 19915, 785.
  • Wilson, S. R. Org. React. 1993, 43, 93.

 

反応機構

他の[3,3]-sigmatropic転位と同様に、協奏的6員環遷移状態(特に理由がない場合にはいす型)を経由して進行する。
copear2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack R…
  2. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboratio…
  3. 金属カルベノイドを用いるシクロプロパン化 Cyclopropan…
  4. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction
  5. ラロック インドール合成 Larock Indole Synth…
  6. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl…
  7. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclizatio…
  8. 熊田・玉尾・コリューカップリング Kumada-Tamao-Co…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. PACIFICHEM2010に参加してきました!②
  2. アンモニアがふたたび世界を変える ~第2次世界大戦中のとある出来事~
  3. 光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応
  4. SDFって何?~化合物の表記法~
  5. 化学者も参戦!?急成長ワクチン業界
  6. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発
  7. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成
  8. クラウス・ミューレン Klaus Müllen
  9. 学振申請書を磨き上げる11のポイント [文章編・後編]
  10. Keith Fagnou Organic Chemistry Symposium

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group

概要2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル(2-(trimethylsilyl)ethoxy…

即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit

化合物の合成や構造決定に勤しんでいる読者の皆様。最近、島津製作所から新しいFTIR(フーリエ変換赤外…

1,3-ジエン類のcine置換型ヘテロアリールホウ素化反応

3-ブロモピリジン類と1,3-ジエン類を用いたcine置換型ヘテロアリールホウ素化反応が開発された。…

PAGE TOP