[スポンサーリンク]


2017年 5月 07日

  1. Z-スキームモデル Z-Scheme Model

    植物は、可視光からエネルギーを得て強力な酸化還元反応を体内で駆動させている。すなわち、酸化側では水から酸素を、還元側ではATP・NADPHの製造を通じて二酸化炭素から糖を合成している。しかしながら可視光の光子エネルギーは低く、高エネ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ユネスコ女性科学賞:小林教授を表彰
  2. 塩素 Chlorine 漂白・殺菌剤や塩ビの成分
  3. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位
  4. 2010年日本化学会各賞発表-学術賞-
  5. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ
  6. 【太陽HD】新卒採用情報(20年卒)
  7. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP