[スポンサーリンク]

chemglossary

Z-スキームモデル Z-Scheme Model

植物は、可視光からエネルギーを得て強力な酸化還元反応を体内で駆動させている。すなわち、酸化側では水から酸素を、還元側ではATP・NADPHの製造を通じて二酸化炭素から糖を合成している。

しかしながら可視光の光子エネルギーは低く、高エネルギー反応を行う目的には不足である。そこで光合成系内では2段階の励起を行うことで、高いエネルギーポテンシャルが獲得されている。各段階の励起は光化学系I光化学系IIそれぞれが担い、その間は電子伝達系で直列に連結されている。

縦方向にエネルギーポテンシャル(酸化還元電位)を取り、横方向に電子の流れる様子を図示すると、アルファベットのZを横にしたような模式図で表現できる。このことから、光合成系の2段励起エネルギー獲得機構はZ-スキーム(Z-Scheme)と俗称される。

近年では自然界のZ-スキームを模倣することによって、実現困難な化学反応の実現を意図した触媒開発研究が進んでおり、人工光合成研究における一大領域となっている。

(冒頭画像はこちらより引用)

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 分子モーター Molecular Motor
  2. 液体キセノン検出器
  3. ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reac…
  4. ステープルペプチド Stapled Peptide
  5. 陽電子放射断層撮影 Positron Emmision Tomo…
  6. 輸出貿易管理令
  7. 多重薬理 Polypharmacology
  8. メカニカルスターラー

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Reaxys Prize 2012受賞者決定!
  2. 「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?
  3. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rotello教授
  4. 水分解反応のしくみを観測ー人工光合成触媒開発へ前進ー
  5. 亜鉛挿入反応へのLi塩の効果
  6. 有機・高分子合成における脱”レアメタル”触媒の開発動向
  7. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann Cyclization
  8. 生物活性分子のケミカルバイオロジー
  9. 2009年イグノーベル賞決定!
  10. 有合化若手セミナーに行ってきました

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

変わったガラス器具達

皆様、普段どんなガラス器具を使っていますか?ナスフラスコ、三角フラスコはもちろん、カラム管やジムロー…

レーザー光で実現する新たな多結晶形成法

第159回目のスポットライトリサーチは、大阪府立大学・LAC-SYS研究所の山本靖之(やまもと やす…

PAGE TOP