[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

塩基が肝!シクロヘキセンのcis-1,3-カルボホウ素化反応

[スポンサーリンク]

ニッケル触媒を用いたシクロヘキセンの位置および立体選択的なカルボホウ素化反応が開発された。用いる塩基が重要であり、cis-1,3-カルボホウ素化合物が選択的に得られる。

シクロヘキセンのcis-1,3-カルボホウ素化反応

cis-1,3-二置換シクロヘキサン骨格は生物活性物質に頻出し[1]の合成手法がこれまでに多く開発されてきた。ごく最近の例としては、1,3-二置換ベンゼンのcis-選択的水素化やシクロヘキサンカルボン酸のC–Hアリール化などが開発されており、注目度の高い報告例が後を絶たない[2]

一方で、シクロヘキセン(1)は安価で入手容易な化合物であり、シクロヘキサンを二官能基化してcis-1,3-二置換シクロヘキサン4が合成できれば有用な手法となる。しかし、一般的に遷移金属触媒を用いた1の二官能基化は1,2-二置換体を与える。例えば、BrownらはDMA中、Ni(cod)2触媒とNaOtAmyl存在下、1をベンジルクロリド(2)とB2pin2(3)と反応させ、cis-1,2-二置換シクロヘキサンを選択的に得た(図1A)[3]。今回、武漢大学のYin教授らは遷移金属触媒のチェーンウォーキング反応を用いれば、この1,2-選択性を打破し、1から4が得られると考えた。彼らはこれまで、ニッケル触媒を用いたアルケンの1,n-カルボホウ素化反応(n = 1,3,4…)を数例報告している(図1B)[4]。オレフィンのニッケルホウ素化の後、β-水素脱離と生じたNi–H種の配位挿入が連続的に起こり(チェーンウォーキング)、1,n-カルボホウ素化体が得られる。チェーンウォーキングの位置選択性は一般的に基質制御であり、ベンジル位やヘテロ原子のα位で停止して位置選択性が発現する。しかし、1ではこれらの“停止タグ”がなく、位置選択性、さらにはジアステレオ選択性が制御できるかは不明であった。

今回著者らは、チェーンウォーキングを用いることで、ニッケル触媒による1のcis-1,3-選択的カルボホウ素化が進行することを見いだした(図1C)。塩基にLiOMeを用いるのがcis-1,3-選択性発現の反応の鍵であり、他の塩基ではcis-1,2-二置換体が得られる。

図1. A) cis-1,2-位置選択的カルボホウ素化 B) 先行研究 C) 今回の研究

 

“Base-Modulated 1,3-Regio- and Stereoselective Carboboration of Cyclohexenes”

Kong, W.; Bao, Y.; Lu, L.; Han, Z.; Zhong, Y.; Zhang, R.; Li, Y.; Yin, G. Angew. Chem., Int. Ed. 2023, 62, e202308041.

DOI: 10.1002/anie.202308041

論文著者の紹介

研究者:Yuqiang Li (李玉强)

研究者の経歴:

2012–2016 B.S., Central South University, China
2016–2021 Ph.D., Wuhan University, China (Prof. Guoyin Yin)
2021–2022 Assistant Professor, Central South University, China
2022– Researcher, Shanghai Artificial Intelligence Laboratory, China 

研究内容:ニッケル触媒を用いた新規反応開発

 

研究者:Guoyin Yin (阴 国印)

研究者の経歴:

2002–2006 B.S., Northeast Agricultural University, China (Prof. Fei Ye and Prof. Ying Fu)
2006–2011 Ph.D., Shanghai Institute of Organic Chemistry, China (Prof. Guosheng Liu)
2011–2013 Postdoc, Technical University of Munich, Germany (Prof. Thorsten Bach)
2013–2014 Postdoc, RWTH Aachen University, Germany (Prof. Franziska Schoenebeck)
2014–2016 Postdoc, University of Delaware, USA (Prof. Donald A. Watson)
2016–2021 Researcher, Wuhan University, China
2021– Professor (untenured), Wuhan University, China

研究内容:遷移金属触媒を用いた二官能基化を含む新規反応開発

 

論文の概要

著者らはNMP中NiCl2·DME存在下、シクロヘキセン(1)に対し、有機ハロゲン化物2、B2pin2(3)、およびLiOMeを反応させ50 °Cで12時間撹拌することで、cis-1,3-二置換シクロヘキサン4が得られることを見いだした(図2A)。三級を除く様々なハロゲン化アルキルやブロモアレーンが本反応に適用でき、良好な収率で対応する4が得られた(4a–4c)。また、3位に置換基をもつシクロヘキセン5も反応に適用でき、cis-1,3-カルボホウ素化の後、酸化することで4dが収率よく得られた。

推定反応機構を以下に示す(図2B)。LiOMe存在下でNiII錯体と3のトランスメタル化が進行しNiII–Bpin(B)が生じる。Bが1に挿入してCとなり、チェーンウォーキング反応によりcis-1,3-ニッケルシクロヘキセン中間体(E)が生成する。その後、ラジカル種2′がEに反応してNiIII種(F)ができ、還元的脱離を経て生成物4が得られると同時にNiI種(G)を与える。Gは2と反応してアルキルラジカル2′とNiII(A)を再生する。DFT計算の結果、1,3-置換体が選択的に生じる理由は、中間体EがCや1,4-二置換体(H)よりも熱力学的に安定なためと示唆された(詳細は論文を参照)。

なお、本反応ではLiOMeを用いた場合のみ4が得られ、NaOMeや他の塩基を用いると低収率(20–30%)ながら1,2-二置換体6が優先して得られる(図2C)。この位置選択性の変化に関して、Ni–Bpin中間体の価数が関与すると結論づけられている。上述の通りLiOMeでは、二価のNiII–Bpinが生成する。それに対し、NaOMeを用いると、NiII種(A)が3と塩基によりNi0種(I)に還元され、NiII錯体との均化、続く3とのトランスメタル化を経てNiI-Bpin(K)が生成する[5]。Kの1への配位挿入後にはチェーンウォーキングは起こらず、1,2-二置換体の生成に至る(詳細は論文を参照)。

図2. A) 基質適応範囲 B) 推定反応機構 C) cis-1,2-カルボホウ素化

 

以上、著者らは安価なシクロヘキセンを出発物質とし、ニッケル触媒を用いたcis-1,3-カルボホウ素化反応を達成した。本反応は生物活性物質の簡便な合成の一助となることが期待される。 

 参考文献

  1. (a) Lovering, F.; Bikker, J.; Humblet, C. Escape from Flatland: Increasing Saturation as an Approach to Improving Clinical Success. J. Med. Chem. 2009, 52, 6752–6756. DOI: 10.1021/jm901241e (b) Smaligo, A. J.; Swain, Manisha.; Quintana, J. C.; Tan. M. F.; Kim. D. A.; Kwon, O. Hydrodealkenylative C(sp3)–C(sp2) Bond Fragmentation. Science 2019, 364, 681–685. DOI: 10.1126/science.aaw4212
  2. (a) Wiesenfeldt. M. P.; Nairoukh. Z.; Li. W.; Glorius. F. Hydrogenation of Fluoroarenes: Direct Access to All-cis-(Multi)fluorinated Cycloalkanes. Science 2017, 357, 908–912. DOI: 1126/science.aao0270 (b) Ling, L.; He, Y.; Zhang, X.; Luo, M.; Zeng, X. Hydrogenation of (Hetero)aryl Boronate Esters with a Cyclic (Alkyl)(amino)carbene–Rhodium Complex: Direct Access to cis-Substituted Borylated Cycloalkanes and Saturated Heterocycles. Angew. Chem., Int. Ed. 2019, 58, 6554–6558. DOI: 10.1002/anie.201811210 (c) Kang, G.; Strassfeld, D. A.; Sheng, T.; Chen, C.-Y.; Yu, J.-Q. Transannular C–H Functionalization of Cycloalkane Carboxylic Acids. Nature 2023, 618, 519–523. DOI: 10.1038/s41586-023-06000-z
  3. (a) Logan, K. M.; Sardini, D. W.; Brown, M. K. Nickel-Catalyzed Stereoselective Arylboration of Unactivated Alkenes. J. Am. Chem. Soc. 2018, 140, 159–162. DOI: 10.1021/jacs.7b12160 (b) Joung, S.; Bergmann, A. M.; Brown, M. K. Ni-Catalyzed 1,2-Benzylboration of 1,2-Disubstituted Unactivated Alkenes. Chem. Sci. 2019, 10, 10944–10947. DOI: 10.1039/C9SC04199K
  4. (a) Ding, C.; Ren, Y.; Sun, C.; Long, J.; Yin, G. Regio- and Stereoselective Alkylboration of Endocyclic Olefins Enabled by Nickel Catalysis. J. Am. Chem. Soc. 2021, 143, 20027–20034. DOI: 10.1021/jacs.1c09214 (b) Li, Y.; Wu, D.; Cheng, H.; Yin, G. Difunctionalization of Alkenes Involving Metal Migration. Angew. Chem., Int. Ed. 2020, 59, 7990–8003. DOI: 10.1002/anie.201913382 (c) Dhungana, R. K.; Sapkota, R. R.; Niroula, D.; Giri, R. Walking Metals: Catalytic Difunctionalization of Alkenes at Nonclassical Sites. Chem. Sci. 2020, 11, 9757–9774. DOI: 10.1039/D0SC03634J (d) Sun, C.; Li, Y.; Yin, G. Practical Synthesis of Chiral Allylboronates by Asymmetric 1,1‐Difunctionalization of Terminal Alkenes. Angew. Chem., Int. Ed. 2022, 61, e202209076. DOI: 10.1002/anie.202209076 (e) Li, Y.; Li, Y.; Shi, H.; Wei, H.; Li, H.; Funes-Ardoiz, I.; Yin, G. Modular Access to Substituted Cyclohexanes with Kinetic Stereocontrol. Science 2022, 376, 749–753. DOI: 10.1126/science.abn9124
  5. Lin, C.-Y.; Power, P. P. Complexes of Ni(I): A “Rare” Oxidation State of Growing Importance. Chem. Soc. Rev. 2017, 46, 5347–5399. DOI: 10.1039/C7CS00216E

山口 研究室

投稿者の記事一覧

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

関連記事

  1. START your chemi-story あなたの化学を探す…
  2. 荷電π電子系の近接積層に起因した電子・光物性の制御
  3. MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察
  4. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~
  5. エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について
  6. 受賞者は1000人以上!”21世紀のノーベル賞…
  7. ノーベル週間にスウェーデンへ!若手セミナー「SIYSS」に行こう…
  8. ケムステ海外研究記 まとめ【地域別/目的別】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. タンパク質リン酸化による液-液相分離制御のしくみを解明 -細胞内非膜型オルガネラの構築原理の解明へ-
  2. ナトリウム Sodium -食塩やベーキングパウダーに使用
  3. モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応
  4. 第四回 ケムステVシンポ「持続可能社会をつくるバイオプラスチック」
  5. 昆虫細胞はなぜ室温で接着するのだろう?
  6. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso
  7. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発
  8. 化学メーカー発の半導体技術が受賞
  9. 第19回次世代を担う有機化学シンポジウム
  10. 9‐Dechlorochrysophaentin Aの合成と細胞壁合成阻害活性の評価

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

最新記事

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

有機合成にさようなら!“混ぜるだけ”蛍光プローブ3秒間クッキング

第592回のスポットライトリサーチは、香港科技大学(Ben Zhong Tang研)の清川慎介さん(…

北九州における化学企業の盛んな生産活動

AGCは、このたび北九州事業所において、グリーン水素製造に適したフッ素系イオン交換膜の製造設備新…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP