[スポンサーリンク]


2017年 12月 19日

  1. ビニル位炭素-水素結合への形式的分子内カルベン挿入

    ロジウム二核錯体やヨウ化銅(I)を触媒に用いたビニル位炭素-水素結合への形式的分子内カルベン挿入を伴うインデン骨格の構築法が報告された。カルベンのC–H結合挿入反応遷移金属触媒を用いたC–H結合へのカルベン挿入反応は金属カルベン種の…

  2. 周期表の形はこれでいいのか? –その 1: H と He の位置 編–

    現在の周期表は、およそ 120 種の元素を原子番号順に並べ、基本的には電子配置が似ている元素同士が縦…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 世界の中心で成果を叫んだもの
  2. 結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開
  3. 分子があつまる力を利用したオリゴマーのプログラム合成法
  4. ノーコードでM5Stack室内環境モニターを作ろう
  5. 【第14回Vシンポ特別企画】講師紹介:酒田 陽子 先生
  6. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute
  7. 高知・フュルスナー クロスカップリング Kochi-Furstner Cross Coupling

注目情報

最新記事

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

PAGE TOP