[スポンサーリンク]


2017年 12月 19日

  1. ビニル位炭素-水素結合への形式的分子内カルベン挿入

    ロジウム二核錯体やヨウ化銅(I)を触媒に用いたビニル位炭素-水素結合への形式的分子内カルベン挿入を伴うインデン骨格の構築法が報告された。カルベンのC–H結合挿入反応遷移金属触媒を用いたC–H結合へのカルベン挿入反応は金属カルベン種の…

  2. 周期表の形はこれでいいのか? –その 1: H と He の位置 編–

    現在の周期表は、およそ 120 種の元素を原子番号順に並べ、基本的には電子配置が似ている元素同士が縦…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 凸版印刷、有機ELパネル開発
  2. 第146回―「原子から社会までの課題を化学で解決する」中村栄一 教授
  3. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和クロマトグラフィー技術」
  4. 第四回 分子エレクトロニクスへの展開 – AP de Silva教授
  5. JSRとはどんな会社?-1
  6. ベンジル酸転位 Benzilic Acid Rearrangement
  7. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodide Synthesis

注目情報

最新記事

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

PAGE TOP