[スポンサーリンク]


2018年 4月 02日

  1. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法

    2017年、ライス大学・Zachary Ballらは、ロジウム(II)メタロペプチドを触媒として用い、IgG抗体のFc領域選択的な化学選択的修飾法の開発に成功した。本法はFab領域を修飾しないため、抗体の抗原認識能に影響を与えることがなく、…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 臭素もすごいぞ!環状ジアリール-λ3-ブロマンの化学
  2. 「架橋ナノゲル」を応用したがんワクチンDDS
  3. 「石油化学」の新ネーミング募集!
  4. 水を還元剤とする電気化学的な環境調和型還元反応の開発:化学産業の「電化」に向けて
  5. プロ格闘ゲーマーが有機化学Youtuberをスポンサー!?
  6. 含フッ素遷移金属エノラート種の合成と応用
  7. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ

注目情報

最新記事

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

PAGE TOP