[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

デヴィッド・ミルステイン David Milstein

[スポンサーリンク]

 

デヴィッド・ミルステイン(David Milstein, 1947年6月4日-)は、イスラエルの化学者。ワイツマン科学研究所 教授(写真:http://www.hayadan.org.il/)。

経歴

1968 ヘブライ大学 卒業
1969 ヘブライ大学 修士号取得(J. Blum教授)
1976 ヘブライ大学 博士号取得

1977-8 コロラド州立大学 博士研究員(J. K. Stille教授)
1979-1982 DuPont社 Senior Research Chemist
1983-1986 DuPont社 Group Leader
1987-1992 ワイツマン科学研究所 准教授
1993-現在 ワイツマン科学研究所 教授

兼任
1996-2005 ワイツマン科学研究所 有機化学部門長
2000-現在 ワイツマン科学研究所 The Kimmel Center for Molecular Design 所長

 

受賞歴

2012 Israel Prize in Chemistry and Physics
2011 The Humboldt Research Award
2010 Fellow of the Royal Society of Chemistry
2010 RSC Sir Geoffrey Wilkinson Award
2007 ACS Award in Organometallic Chemistry
2006 Israel Chemical Society Prize
2002 I.M. Kolthoff Prize in Chemistry
1999 The Paolo Chini Memorial Award
1982, 1983, 1984, 1985 DuPont Company Excellence Awards

 

研究概要

Stilleクロスカップリング反応の開発

博士研究員として師事したJohn K. Stille教授のもと、現在Stilleクロスカップリングとして知られる人名反応を開発した[1]。

x-ene-25.gif

ピンサー型脱水素触媒の開発

新規ピンサー型ルテニウム錯体を開発、様々な触媒的脱水素変換反応を実現した。
とりわけアルコールとアミンから脱水素反応によってアミドを直接合成する手法[2]は、環境調和性の高い先進的変換として知られる。リン隣接位の脱プロトン化を伴う金属-配位子協働型機構が提唱されている。

David_Milstein_2.jpg

(画像:onlinelibrary.wiley.com?)?

コメント&その他

220以上の原著論文を執筆。

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

[1] Milstein, D.; Stille, J. K. J. Am. Chem. Soc. 1978, 100, 3636. doi:10.1021/ja00479a077
[2] Gunanathan, C.;Ben-David, Y.; Milstein, D. Science 2007, 317, 790. DOI: 10.1126/science.1145295

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent
  2. 野依賞―受賞者一覧
  3. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Ki…
  4. 鈴木 章 Akira Suzuki
  5. 井上 将行 Masayuki Inoue
  6. アロイ・フュルストナー Alois Furstner
  7. アレン・バード Allen J. Bard
  8. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビス[α,α-ビス(トリフルオロメチル)ベンゼンメタノラト]ジフェニルサルファー : Bis[alpha,alpha-bis(trifluoromethyl)benzenemethanolato]diphenylsulfur
  2. Post-Itのはなし ~吸盤ではない 2~
  3. 微生物細胞に優しいバイオマス溶媒 –カルボン酸系双性イオン液体の開発–
  4. 日本学士院賞・受賞化学者一覧
  5. デニス・ホール Dennis G. Hall
  6. その電子、私が引き受けよう
  7. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体
  8. クリック反応の反応機構が覆される
  9. 近況報告Part III
  10. 表現型スクリーニング Phenotypic Screening

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

林 雄二郎博士に聞く ポットエコノミーの化学

雑誌「現代化学」の特集インタビュー記事から、東北大学林雄二郎先生のインタビュー(2019年5月号掲載…

『夏休み子ども化学実験ショー2019』8月3日(土)~4日(日)、科学技術館にて開催

化学の学会ならびに産業界で組織する「夢・化学-21」委員会は、2019年8月3日(土)~4日(日)の…

引っ張ると白色蛍光を示すゴム材料

第204回のスポットライトリサーチは、北海道大学電子科学研究所 助教・相良 剛光 先生にお願いしまし…

強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム…

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP