[スポンサーリンク]


2018年 5月 10日

  1. 模型でわかる【金属錯体型超分子】

    読者の皆さんは「金属錯体型超分子」をご存知でしょうか。ご存知の方は、知らない人にそれがどういうものか説明できますか?というわけで、東京大学塩谷研究室の有志で、非公式に解説動画を作ってみました。多くの方に興味を…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. もう別れよう:化合物を分離・精製する|第5回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)
  2. 医薬品の黄金世代到来?
  3. 科博特別展「日本を変えた千の技術博」にいってきました
  4. 揮発した有機化合物はどこへ?
  5. 青色発光ダイオードの赤﨑勇氏らに京都賞
  6. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glycol Oxidative Cleavage
  7. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水化学

注目情報

最新記事

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

有機合成にさようなら!“混ぜるだけ”蛍光プローブ3秒間クッキング

第592回のスポットライトリサーチは、香港科技大学(Ben Zhong Tang研)の清川慎介さん(…

PAGE TOP