[スポンサーリンク]

archives

ニュースタッフ

[スポンサーリンク]

?ご存知の方はいるかもしれませんが、Chem-Stationに新しく8名のスタッフが加入しました。それぞれの分野でご活躍している現役の研究者、大学院生です。面白いお話が聞ける事と思います。これで現在スタッフは17名となりましたが、それぞれ研究で多忙であるため、さらに多数のスタッフが必要となります。まだまだスタッフを募集していますので、お気軽にご連絡ください。
Chem-Station代表 ブレビコミン

ニュースタッフの自己紹介

1.トリプチセン


博士見習い。専門は14族を中心とした有機典型元素化学。
・既存の有機化学に新しい風を!
・サイエンスコミュニケーションの普及と科学リテラシーの構築!
これらの大きな目標のために今何ができるか。日々勉強中。
2.Pepper
物理、無機化学を中心に物質の構造に関係する部分に興味を持っています。
様々な方々に啓発されながら自分の興味のある事柄を発信していければと考えています。
3.羸(るい)
専門はまだありませんが、機能性高分子化学・構造有機化学・物理有機化学に興味あり。
心理学や哲学の趣味もあり、特にユング、ウィトゲンシュタインが好き。
4.インジゴ
大学院生をやっております。研究テーマはホスト-ゲストケミストリー関係です。
化学全般に興味がありますが特に超分子や分子マシンといった言葉には憧れさえ感じます。
まず名前がかっこいいですよね。”超”分子ですよ。超サイヤ人みたいなことでしょう?違いますね。稚拙な記事ですが、温かい目で読んでやってください。
5.タスマニアデビル
世界最大の肉食有袋類 絶滅危惧種
生息地:有機金属化学 主食:不安定な結合 体長:2.291A 体重:Rind3個分
6.rykop
某大学博士後期課程に在籍しアルカロイド合成を行っています.専門は有機化学,特に有機合成化学です.趣味はギター(X Japanのhideが好き),カラオケなどです.
7.nard
化学分野の受託研究を業務としています。有機エレクトロニクス分野の有機合成関連の
活動をしています
8.Tg
修士(工学)。メーカーにてプラスチック材料の研究開発に携わっている。材料科学の分野で基礎・応用の両面で重要な成果を継続して出せる研究者になるのが夢。現在興味のある研究分野は、高分子化学、高分子物性、超分子化学、光化学、ナノコンポジット。趣味は、登山、街歩き、書店めぐり。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  2. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…
  3. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒
  4. 目からウロコの熱伝導性組成物 設計指南
  5. スマホページをリニューアルしました
  6. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘…
  7. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレン…
  8. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)dib…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応
  2. NIMSフォーラム 「未来のエネルギーをつむぐ新材料・新物質、ここに集結!」
  3. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 2
  4. TED.comで世界最高の英語プレゼンを学ぶ
  5. デ-マヨ反応 de Mayo Reaction
  6. IGZO
  7. ミノキシジル /Minoxidil
  8. サリンを検出可能な有機化合物
  9. 環サイズを選択できるジアミノ化
  10. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として…

その構造、使って大丈夫ですか? 〜創薬におけるアブナいヤツら〜

新参スタッフの DAICHAN です。前回の記事「その化合物、信じて大丈夫ですか…

第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授

第130回の海外化学者インタビューはリサ・マックエルウィー=ホワイト教授です。フロリダ大学化学科に所…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP