[スポンサーリンク]


2018年 5月 18日

  1. 効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

    今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤となる可能性のある化合物を見つけたというお話です。Late-Stage-Functionalization(LSF:合成終盤での官能基変…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リチウムイオンに係る消火剤電解液のはなし
  2. リチウムイオン電池の課題のはなし-1
  3. 国際化学オリンピック開幕間近:今年は日本で開催!
  4. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介②:前田 勝浩 先生
  5. 高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その1
  6. リピトール /Lipitor (Atorvastatin)
  7. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP