[スポンサーリンク]

一般的な話題

ノーベル賞化学者と語り合おう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」募集開始

[スポンサーリンク]

ドイツの保養地リンダウで毎年開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Lindau Nobel Laureate Meeting)。多数のノーベル賞学者が一同に会し、科学者の卵たちと交流するという、国際的なアカデミックイベントの一つです。

多分野をローテーションで行なっている事情からなかなか機会が訪れないのですが、来年度(2017)は待望の化学領域が募集対象です!

 

JSPSの完全サポートによる待遇で、のどかな保養地で優秀な仲間たちと過ごし、贅沢な気分に浸れます。

ドイツ・リンダウを象徴する像と塔

ドイツ・リンダウを象徴するライオン像と塔(写真はこちらから引用)

また一番の目玉はノーベル賞受賞者との魂のディスカッションでしょう。普段聞きたかったものの直接問いかけることが難しかった質問を通じ、あこがれの学者と対話するチャンスです。

lindau3

写真は公式ページより引用

詳細は過去にもケムステで公開していますので、そちらもご参照いただければと思います。

今回の応募〆切は【8/26】です。貴重な機会をお見逃し無く!!

応募要項はこちらから!

関連動画

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. もう別れよう:化合物を分離・精製する|第5回「有機合成実験テクニ…
  2. 炭素ー炭素結合を切る触媒
  3. インターネットを活用した英語の勉強法
  4. γ-チューブリン特異的阻害剤の創製
  5. ゾウががんになりにくい本当の理由
  6. 可視光応答性光触媒を用いる高反応性アルキンの生成
  7. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触…
  8. 静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スナップタグ SNAP-tag
  2. ビギネリ反応 Biginelli Reaction
  3. 高脂血症治療薬の開発に着手 三和化学研究所
  4. カラムはオープン?フラッシュ?それとも??
  5. 2009アジアサイエンスキャンプ・参加者募集中!
  6. ルドルフ・クラウジウスのこと① エントロピー150周年を祝って
  7. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  8. 超高性能プラスチック、微生物で原料を生産
  9. 名もなきジテルペノイドの初の全合成が導いた構造訂正
  10. ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP