[スポンサーリンク]


2018年 8月 04日

  1. アノードカップリングにより完遂したテバインの不斉全合成

    電気を用いた位置およびジアステレオ選択的なカップリング反応により、(-)-thebaineの生体模倣合成を達成した。酸化剤や毒性のある試薬を用いる必要がないという利点がある。生合成模倣酸化的カップリングテバイン(thebaine)は…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation
  2. グラフェンの量産化技術と次世代デバイスへの応用【終了】
  3. トンネル効果が支配する有機化学反応
  4. 密度汎関数法の基礎
  5. 友岡 克彦 Katsuhiko Tomooka
  6. シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12日
  7. “加熱しない”短時間窒化プロセスの開発 -チタン合金の多機能化を目指して-

注目情報

最新記事

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

PAGE TOP