[スポンサーリンク]


2018年 8月 15日

  1. 可視光で芳香環を立体選択的に壊す

    キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しながら4つの不斉中心の立体制御が可能である。触媒不斉脱芳香族化(CADA)と環化付加反応芳香環およびヘテロ芳香環を官能基化および変換する…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成
  2. ジャネット・M・ガルシア Jeannette M. Garcia
  3. はてブ週間ランキング第一位を獲得
  4. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用
  5. ジェイコブセン速度論的光学分割加水分解 Jacobsen Hydrolytic Kinetic Reasolution (Jacobsen HKR)
  6. 進む分析機器の開発
  7. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Coupling

注目情報

最新記事

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

PAGE TOP