[スポンサーリンク]


2018年 10月 01日

  1. 環状アミンを切ってフッ素をいれる

    環状アミンの開裂をともなうフッ素化が報告された。医農薬分子に頻出であるフッ素原子を導入するための新たな手法として注目される。環状アミンの開裂をともなうフッ素化反応分子の官能基化を行う方法の一つに、既存の結合切断を起点とした官能基…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. JEOL RESONANCE「UltraCOOL プローブ」: 極低温で感度MAX! ①
  2. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?
  3. 被引用回数の多い科学論文top100
  4. 疑惑の論文200本発見 米大が盗作探知プログラム開発
  5. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus
  6. 第19回「心に残る反応・分子を見つけたい」ー京都大学 依光英樹准教授
  7. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama reagent)

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP