[スポンサーリンク]


2018年 10月 01日

  1. 環状アミンを切ってフッ素をいれる

    環状アミンの開裂をともなうフッ素化が報告された。医農薬分子に頻出であるフッ素原子を導入するための新たな手法として注目される。環状アミンの開裂をともなうフッ素化反応分子の官能基化を行う方法の一つに、既存の結合切断を起点とした官能基…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 機械学習と計算化学を融合したデータ駆動的な反応選択性の解明
  2. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】
  3. オーラノフィン (auranofin)
  4. “秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC
  5. カーボンナノチューブを有機色素で染めて使う新しい光触媒技術
  6. 顕微鏡で有機化合物のカタチを決める!
  7. アリ・ワーシェル Arieh Warshel

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

PAGE TOP