[スポンサーリンク]


2018年 10月 27日

  1. ニンニクの主要成分を人工的につくる

    ニンニクの主要成分であるアホエンの新規全合成が達成された。酸化条件でオレフィンとスルホキシドを一挙に構築する手法により、簡便かつ短工程なアホエンの大量合成が可能となった。ニンニクの主要成分アホエンユリ科ネギ属の植物であるニンニクは香…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 沈 建仁 Jian-Ren Shen
  2. 化学系企業の採用活動 ~現場の研究員視点で見ると~
  3. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用
  4. 2023年化学企業トップの年頭所感を読み解く
  5. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発
  6. カルコゲン結合でロジウム二核錯体の構造を制御する!
  7. 金属-有機構造体 / Metal-Organic Frameworks

注目情報

最新記事

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

PAGE TOP