[スポンサーリンク]

ナノ化学

ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer

ローランド・A・フィッシャー (Roland A. Fisher、1961年8月27日-)は、ドイツの無機化学者である。独Ruhr大学教授。

経歴

1981-1986 ミュンヘン工科大学 在籍
1987-1989 ミュンヘン工科大学 博士号取得 (W. A. Herrmann教授)
1989-1990 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 博士研究員 (H.D.Kaesz 教授)
1990-1995 ミュンヘン工科大学 ハビリテーション
1996-1997 Ruprecht Karls大学Heiderberg
1997-現在 Ruhr大学Bochum

 

受賞歴

 

研究概要

表面担持型金属-有機構造体(MOF)の創製

新規有機金属錯体の創製

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

  •  Frank, A. C.; Stowasser, F.;  Miskys, C. R.; Ambacher, O.:  Giersig, M.  Fischer, R. A. J. Am. Chem. Soc. 1998, 120, 3512.

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 飯島澄男 Sumio Iijima
  2. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmos…
  3. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl
  4. フィル・バラン Phil S. Baran
  5. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  6. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen
  7. エリック・メガース Eric Meggers
  8. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学のちからで抗体医薬を武装する
  2. 近況報告PartIV
  3. カルタミン
  4. アルコールのアルカンへの還元 Reduction from Alcohol to Alkane
  5. PACIFICHEM2010に参加してきました!③
  6. メラノーマ治療薬のリード化合物を発見
  7. 日本触媒で爆発事故
  8. グルコース (glucose)
  9. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König
  10. 不斉アリルホウ素化 Asymmetric Allylboration

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP