[スポンサーリンク]

ナノ化学

ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer

[スポンサーリンク]

ローランド・A・フィッシャー (Roland A. Fisher、1961年8月27日-)は、ドイツの無機化学者である。独Ruhr大学教授。

経歴

1981-1986 ミュンヘン工科大学 在籍
1987-1989 ミュンヘン工科大学 博士号取得 (W. A. Herrmann教授)
1989-1990 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 博士研究員 (H.D.Kaesz 教授)
1990-1995 ミュンヘン工科大学 ハビリテーション
1996-1997 Ruprecht Karls大学Heiderberg
1997-現在 Ruhr大学Bochum

 

受賞歴

 

研究概要

表面担持型金属-有機構造体(MOF)の創製

新規有機金属錯体の創製

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

  •  Frank, A. C.; Stowasser, F.;  Miskys, C. R.; Ambacher, O.:  Giersig, M.  Fischer, R. A. J. Am. Chem. Soc. 1998, 120, 3512.

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マット・シグマン Matthew S. Sigman
  2. ナタリー カロリーナ ロゼロ ナバロ Nataly Caroli…
  3. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whiteside…
  4. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  5. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel
  6. ヴィ·ドン Vy M. Dong
  7. リチャード・ホルム Richard H. Holm
  8. 嘉部 量太 Ryota Kabe

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第七回ケムステVプレミアレクチャー「触媒との『掛け算』で研究者を育て、組織を面白く、強くする」
  2. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物
  3. スタニルリチウム調製の新手法
  4. AIが作った香水、ブラジルで発売
  5. アジリジンが拓く短工程有機合成
  6. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応
  7. リンダウ島インセルホール
  8. カスケードDA反応による(+)-Pedrolideの全合成ダダダダ!
  9. 化学者のランキング指標「h-index」 廃止へ
  10. 化学五輪で日本の高校生2人が金メダル

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2010年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP