[スポンサーリンク]

ナノ化学

ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer

ローランド・A・フィッシャー (Roland A. Fisher、1961年8月27日-)は、ドイツの無機化学者である。独Ruhr大学教授。

経歴

1981-1986 ミュンヘン工科大学 在籍
1987-1989 ミュンヘン工科大学 博士号取得 (W. A. Herrmann教授)
1989-1990 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 博士研究員 (H.D.Kaesz 教授)
1990-1995 ミュンヘン工科大学 ハビリテーション
1996-1997 Ruprecht Karls大学Heiderberg
1997-現在 Ruhr大学Bochum

 

受賞歴

 

研究概要

表面担持型金属-有機構造体(MOF)の創製

新規有機金属錯体の創製

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

  •  Frank, A. C.; Stowasser, F.;  Miskys, C. R.; Ambacher, O.:  Giersig, M.  Fischer, R. A. J. Am. Chem. Soc. 1998, 120, 3512.

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 福山透 Tohru Fukuyama
  2. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira
  3. ノーベル化学賞・受賞者一覧
  4. カール・ダイセロス Karl Deisseroth
  5. エリック・メガース Eric Meggers
  6. 藤田 誠 Makoto Fujita
  7. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov
  8. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究者/研究力
  2. (+)-ミンフィエンシンの短工程不斉全合成
  3. 化学でもフェルミ推定
  4. 新たな環状スズ化合物の合成とダブルカップリングへの応用
  5. 信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ
  6. オキソニウムイオンからの最長の炭素酸素間結合
  7. 櫻井英樹 Hideki Sakurai
  8. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  9. ロジウム(II)アセタート (ダイマー):Rhodium(II) Acetate Dimer
  10. ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective Group

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP