[スポンサーリンク]

ナノ化学

ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer

ローランド・A・フィッシャー (Roland A. Fisher、1961年8月27日-)は、ドイツの無機化学者である。独Ruhr大学教授。

経歴

1981-1986 ミュンヘン工科大学 在籍
1987-1989 ミュンヘン工科大学 博士号取得 (W. A. Herrmann教授)
1989-1990 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 博士研究員 (H.D.Kaesz 教授)
1990-1995 ミュンヘン工科大学 ハビリテーション
1996-1997 Ruprecht Karls大学Heiderberg
1997-現在 Ruhr大学Bochum

 

受賞歴

 

研究概要

表面担持型金属-有機構造体(MOF)の創製

新規有機金属錯体の創製

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

  •  Frank, A. C.; Stowasser, F.;  Miskys, C. R.; Ambacher, O.:  Giersig, M.  Fischer, R. A. J. Am. Chem. Soc. 1998, 120, 3512.

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauv…
  2. F. S. Kipping賞―受賞者一覧
  3. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet
  4. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin
  5. ジュリアス・レベック Julius Rebek, Jr.
  6. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III…
  7. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi
  8. ヨン・ピエール Jorn Piel

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 三中心四電子結合とは?
  2. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reaction
  3. 第八回 ユニークな触媒で鏡像体をつくり分けるー林民生教授
  4. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議
  5. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Borylation
  6. 農薬DDTが大好きな蜂
  7. 基礎有機化学討論会開催中
  8. グレッグ・フー Gregory C. Fu
  9. パーソナライズド・エナジー構想
  10. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP