[スポンサーリンク]

ナノ化学

ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer

[スポンサーリンク]

ローランド・A・フィッシャー (Roland A. Fisher、1961年8月27日-)は、ドイツの無機化学者である。独Ruhr大学教授。

経歴

1981-1986 ミュンヘン工科大学 在籍
1987-1989 ミュンヘン工科大学 博士号取得 (W. A. Herrmann教授)
1989-1990 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 博士研究員 (H.D.Kaesz 教授)
1990-1995 ミュンヘン工科大学 ハビリテーション
1996-1997 Ruprecht Karls大学Heiderberg
1997-現在 Ruhr大学Bochum

 

受賞歴

 

研究概要

表面担持型金属-有機構造体(MOF)の創製

新規有機金属錯体の創製

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

  •  Frank, A. C.; Stowasser, F.;  Miskys, C. R.; Ambacher, O.:  Giersig, M.  Fischer, R. A. J. Am. Chem. Soc. 1998, 120, 3512.

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マット・ショアーズ Matthew P. Shores
  2. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles
  3. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe
  4. 原田 明 Akira Harada
  5. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov
  6. 平田 義正 Yoshimasa Hirata
  7. ウォルター・カミンスキー Walter Kaminsky
  8. アレン・バード Allen J. Bard

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スルホンアミドからスルホンアミドを合成する
  2. 有機合成化学協会誌2018年8月号:触媒的不斉全合成・分子ローター型蛍光核酸・インドロキナゾリンアルカロイド・非対称化・アズレン・ヒドラゾン-パラジウム触媒
  3. ネオン Neon -街を彩るネオンサイン
  4. ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カップリング
  5. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の設計-後編
  6. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告
  7. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  8. 福井県内において一酸化炭素中毒事故(軽症2名)が発生
  9. 有機化合物のスペクトルデータベース SpectraBase
  10. 3Dプリンタとシェールガスとポリ乳酸と

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

その化合物、信じて大丈夫ですか? 〜創薬におけるワルいヤツら〜

はじめまして。薬学部で創薬化学を研究する傍ら、薬局薬剤師としても活動している D…

パーソナル有機合成装置 EasyMax 402 をデモしてみた

合成装置といえばなにを思い浮かべるでしょうか?いま話題のロボット科学者?それともカップリング…

湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見

第277回のスポットライトリサーチは、筑波大学 数理物質系 山本研究室 助教の山岸 洋(やまぎし ひ…

【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

kindle版↓概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の…

第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授

第46回目の研究者インタビューです。今回のインタビューは第10回目のケムステVシンポ講演者の一人であ…

【山口代表も登壇!!】10/19-11/18ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINE-

「ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINEー(主催:株式会社化学工業日報社)」は、未来に向…

「誰がそのシャツを縫うんだい」~新材料・新製品と廃棄物のはざま~ 2

Tshozoです。前回の続き、②リチウムイオン電池についてです。なおこの関連の技術は進化が非常に早く…

炊きたてご飯の香り成分測定成功、米化学誌に発表 福井大学と福井県農業試験場

 福井大学と福井県農業試験場は、これまで難しいとされていた炊きたてご飯の香り成分の測定に成功したと米…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP