[スポンサーリンク]


2019年 3月 16日

  1. チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

    チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。COSが量依存的な細胞毒性を示すことが明らかとなった。硫化水素と硫化カルボニル(COS)硫化水素(H2S)はガス状シグナル伝達物…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 徒然なるままにセンター試験を解いてみた
  2. 化学にインスパイアされたジュエリー
  3. 祝5周年!-Nature Chemistryの5年間-
  4. 芳香族化合物のニトロ化 Nitration of Aromatic Compounds
  5. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann
  6. Semiconductor Photocatalysis: Principles and Applications
  7. 大環状ヘテロ環の合成から抗がん剤開発へ

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP