[スポンサーリンク]


2019年 12月 22日

  1. Branch選択的不斉アリル位C(Sp3)–Hアルキル化反応

    1,4ジエンのC3位選択的な不斉アリル位C–Hアルキル化反応が開発された。DFT計算により立体選択性が発現する遷移状態、および、本反応が内圏機構で進行していることが示唆された。アリル位C–Hアルキル化反応Pd触媒アリル位C–Hアルキ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 読むだけで身につく化学千夜一夜物語 食品、日用品から最先端技術まで75話
  2. 東芝:新型リチウムイオン電池を開発 60倍の速さで充電
  3. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案
  4. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました
  5. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition
  6. CV書いてみた:ポスドク編
  7. エーテルがDiels–Alder反応?トリチルカチオンでin situ 酸化DA!

注目情報

最新記事

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

PAGE TOP