[スポンサーリンク]


2020年 2月 06日

  1. 巻いている触媒を用いて環を巻く

    ペプチドフォルダマーを触媒に用いた大環状化合物構築法が報告された。フォルダマーのらせん構造およびアミノ酸残基の配列が、望まぬ分子間反応を抑制し、迅速に環を構築する。大環状骨格(マクロサイクル)の構築大環状化合物(マクロサイクル)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 大学の講義を無料聴講! Academic Earth & Youtube EDU
  2. フラーレンの中には核反応を早くする不思議空間がある
  3. 第83回―「新たな電池材料のモデリングと固体化学」Saiful Islam教授
  4. 実践・化学英語リスニング(3)生化学編: 世界トップの化学者と競うために
  5. たばこと塩の博物館
  6. 四国化成ホールディングスってどんな会社?
  7. ティフェノー・デミヤノフ転位 Tiffeneau-Demjanov Rearrangement

注目情報

最新記事

ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

第 615回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 南方…

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

PAGE TOP