[スポンサーリンク]


2020年 8月 03日

  1. アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

    パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキラル配向基を用いることでエナンチオ選択的に反応が進行する。アルケンのヒドロアリール化反応パラジウム触媒存在下、芳香族ハロゲン化物とア…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. pre-ELM-11
  2. 抗薬物中毒活性を有するイボガイン類の生合成
  3. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyde
  4. 化学者のためのエレクトロニクス講座~無電解卑金属めっきの各論編~
  5. NHC銅錯体の塩基を使わない直接的合成
  6. サントリー、ビールの「エグミ物質」解明に成功
  7. ニュースの理由・武田、米で6年ぶり大型新薬

注目情報

最新記事

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

PAGE TOP