[スポンサーリンク]

キャンペーン

YMC-DispoPackAT 「ケムステを見た!!」 30%OFFキャンペーン

以前この化学者のつぶやきでフラッシュ自動装置記事を書きました。化合物を素早くかつ正確に精製することができるフラッシュ自動合成装置は製薬会社だけでなく最近では大学の研究室でも大人気です。そういう筆者の研究室でも現在2台、今年度中に5台に増やしていくつもりです。多くの利点があると思いますが、誰でも同じように生成できて、データを残せる、大容量でも容易にカラムができる、順相・逆相問わず行えて、操作も簡単、使う有機溶媒も少なくできる云々と、「腕が落ちる」以外は良いこと尽くめです。

フラッシュ自動合成装置例

フラッシュ自動合成装置例

 

しかし、大きな欠点があります。利用するカラムが高額なんです。

そんな大問題を解決するためにケムステが立ち上がりました!題して、

「ケムステを見た!」30%OFFキャンペーン

です。

 

どのくらい高いの?

個人的に安価な割に性能がよいと思っているYMCのフラッシュ用カラムの例でお話します。ちなみにこのカラムの特徴は以下のとおり。

 

  • 二種の粒子径(25um, 50um)に4種の充填剤(SIL, DIOL, NH2, ODS)の計8種の豊富な品揃え(ゲルメーカーならではの自社での官能基ボンディング)
  • 逆相タイプも早い線速度で通液できる耐圧仕様(1.38MPaMAX)
  • 高い分離能と再現性

 

YMCのカラムはディスポーザブルカラムのなかでは定価ベースでは最も安く、分離能もバイオタージの上位カラムには若干劣るもののほとんど変わりません。

2014-11-11_14-59-21

YMC-DispoPackAT

順相用のYMC-DispoPackAT SIL 12g*1定価で1本500円。球状で粒子系を小さくすることでより高い分離能を狙っているYMC-DispoPackAT SIL-25 12gなら1本800円もします。定価で購入しているところはないと思いますが、それでも機器でなく消耗品でで利益を得ているメーカーとしてはそこまで価格を下げることはできないでしょう。

精製は3-30分で終わりますので、自動合成装置(1台)がフル稼働したと仮定するとカラムだけで1日1万円超えることも。概算して1台あたり年間100-300万円の予算が必要となります*2。溶媒代別で。もちろん研究室によっては再利用するなどコストを抑える工夫はされていると思います。

お金のある研究室や企業は時は金なりで湯水のごとく使えばよいですが、ユーザーの立場からのメジャーな意見は節約できるなら限界まで節約したいというのが本音ですよね。

*1 感覚で述べますが、1本で数mgから数百mgの混合物を精製できます。

*2  状況によって異なります。

 

どうにかして安くならないか?

すべての製品にいえる一般的な話ですが、価格を下げるには、

  1. 大量購入する
  2. 需要を増やす
  3. メーカーと関係をつくる

が必要となります。1に関しては事実例えば10パック(24本入り)を購入すれば安くなる場合もあります。まとめて購入すれば2の需要を増やすことになるわけですね。3に関してはわかりませんが、うまい関係をつくれば特別価格で提供などあるかもしれません。1や3に関しては自身での努力でどうにかなりますが、2に関しては全体の需要が増えれば薄利多売が可能となり、コストを下げることができるのでメーカー側、ユーザー側ともにWinWinになります。そういうわけで、2の戦略を行うために一肌脱ぐことにしました。具体的にはケムステとしてYMCに広く知れ渡り、最終的にたくさん売れることを前提にした割引キャンペーンを強引にお願いしました。

 

ケムステを見た!キャンペーン

dispopack01

 

 

さて、本題になります。ケムステを見た!(ケムステの本サイト経由)でYMCのFLASH用ディスポーザブルカラム購入の方にすべて30%Offで提供します1パックから30%offになるため通常より大変お得な価格設定になっています。実際、筆者の研究室で出していただいた10パックまとめ買いの価格と比較しても10%近く安いです。購入方法はとっても簡単で下記の通り。

 

  1.  特設ページに行く
  2. キャンペーンに申し込むをクリック
  3. オーダーならば必要事項を記載、質問等も受け付けています。

 

もちろんご購入の依頼をしても我々が販売するわけではないので、其々の代理店経由もしくは直接という話になります。キャンペーンの適用は本日の申込から承ります。いまのところ、これだけの割引はこのキャンペーンが最大となります。今のところ12月ぐらいまでは続けていただくようにお願いしていますがいつ終了するかどうかわかりません。前述したように多数のエンドユーザーが訪れるケムステならではのキャンペーンです。ぜひご購入を検討ください!特設ページはこちらから!

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ReaxysPrize2015ファイナリスト発表!
  2. 一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉
  3. 天然にある中間体から多様な医薬候補を創り出す
  4. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド
  5. センチメートルサイズで均一の有機分子薄膜をつくる!”…
  6. C-H活性化触媒を用いる(+)-リゾスペルミン酸の収束的合成
  7. 究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学
  8. 大学の講義を無料聴講! Academic Earth & You…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アッペル反応 Appel Reaction
  2. 東レ工場炎上2人重傷 名古屋
  3. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrone
  4. ここまで進んだ次世代医薬品―ちょっと未来の薬の科学
  5. 論文引用ランキングから見る、化学界の世界的潮流
  6. Reaxys Prize 2010発表!
  7. メルク、途上国でエイズ抑制剤を20%値下げ
  8. クロスカップリング用Pd触媒 小ネタあれこれ
  9. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö
  10. ノンコーディングRNA 〜 RNA分子の全体像を俯瞰する〜

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

ピリドキサール生体模倣触媒によるアリールN-ホスフィニルイミン類とグリシン類の不斉マンニッヒ反応が報…

PAGE TOP