[スポンサーリンク]


2020年 9月 01日

  1. 第115回―「分子機械と天然物の化学合成」Ross Kelly教授

    第115回の海外化学者インタビューは、ロス・ケリー教授です。ボストンカレッジ化学科に所属し、天然物や分子デバイス(モーター、ブレーキなど)の合成に取り組んでいます(訳注:現在はリタイアして名誉教授になっています)。それではインタビューをどう…

  2. 「誰がそのシャツを縫うんだい」~新材料・新製品と廃棄物のはざま~ 1

    Tshozoです。スタジオジブリの名作「天空の城ラピュタ」。この映画を観た人なら必ずやる、登…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2009年度日本学士院賞、化学では竜田教授が受賞
  2. ケムステV年末ライブ & V忘年会2021を開催します!
  3. 2010年ノーベル化学賞ーお祭り編
  4. 海外で開発された強靭なソフトマテリアル
  5. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts Alkylation
  6. アラインをパズルのピースのように繋げる!
  7. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost/Woodward Dihydroxylation

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP