[スポンサーリンク]

archives

酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒

[スポンサーリンク]

溶媒を脱水/脱気することは副反応を防ぎ、より正確な反応を行うために重要なことです。

和光純薬工業ではこれまでに超低水分を保証した超脱水溶媒を取り扱っていましたが、今回あらたに溶存酸素濃度も低く抑えた脱酸素脱水溶媒をラインアップしました。

注目は水分、酸素の残存濃度!

水分含量は0.001%(10ppm)以下

溶存酸素濃度も1ppm以下

それぞれの値がどの程度のものかについて、ご参考までに。

水分値は、過去にChem-Stationでも記事として取り上げられていました。

(乾燥剤の脱水能は?❘Chem-Station)

THFの場合

  • ナトリウム/ベンゾフェノン法:40ppm程度
  • モレキュラシーブス法:10ppm程度
  • 超脱水/脱酸素脱水溶媒(和光純薬):全製品10ppm以下

一般的に信頼できる手法:ナトリウム/ベンゾフェノン法でも40ppm残っていることは

意外に思われたかもしれません。

また溶存酸素濃度が合成反応にどの程度影響するのか検討され、報告された事例を紹介します。

武田薬品工業株式会社 山田らはfasiglifamの製造プロセス検討において、溶存酸素濃度1ppm以下のメタノールを使用し不斉水素化反応を行う事が、最も良好な収率で反応が進むことを見出しています。

sansonoudo

Reference : Yamada, M. et al.: “ Development of manufacturing process for fasiglifam via asymmetric hydrogenation with trace ruthenium catalyst” 2014 Winter Symposium on Process Chemistry.

モニターも募集しています!

また、ただ今モニターキャンペーンも行っています。「脱酸素脱水溶媒」 全製品の中から100ml包装1本を提供させていただきます!ぜひこの機会に「脱酸素脱水溶媒」をお試しください。

お問い合わせはコチラよりお待ちしています!(2015年10月~サンプルなくなり次第終了!)

おわりに

また脱酸素脱水溶媒は、有機合成用途以外にも、無機材料分野や半導体の洗浄用など、幅広い用途に優れた性能を発揮できると期待されています。

和光純薬工業で販売している脱酸素脱水溶媒は、在庫で取扱いの容量以外にも工業スケールまで対応することができます。(100mLラボスケールからトン単位の工業レベルまで対応可能)

youbai-dai

脱酸素脱水溶媒 大容量タンク

脱酸素脱水溶媒 製品リスト

製品コード 品名 容量 価格
045-33041 o-ジクロロベンゼン(脱酸素) 100mL ¥4,000
047-33045 500mL ¥6,000
049-32341 ジクロロメタン(脱酸素) 100mL ¥2,600
041-32345 500mL ¥4,400
042-32071 N,N-ジメチルホルムアミド(脱酸素) 100mL ¥3,000
044-32075 500mL ¥5,100
040-32871 ジメチルスルホキシド(脱酸素) 100mL ¥4,500
042-32875 500mL ¥7,600
052-08701 エタノール(脱酸素) 100mL ¥3,300
054-08705 500mL ¥5,310
088-09301 ヘキサン(脱酸素) 100mL ¥3,000
080-09305 500mL ¥4,800
133-17511 メタノール(脱酸素) 100mL ¥2,600
135-17515 500mL ¥4,150
206-18531 テトラヒドロフラン(脱酸素)(安定剤不含)  100mL ¥2,600
208-18535 500mL ¥4,800
204-18537 18L 照会
207-18701 テトラヒドロフラン(脱酸素)(安定剤含有) 100mL ¥2,800
209-18705 500mL ¥4,900
200-18671 トルエン(脱酸素) 100mL ¥3,000
202-18675 500mL ¥4,100
249-00891 キシレン(脱酸素) 100mL ¥3,000
241-00895 500mL ¥4,400

※価格は2015年10月時点の設定です

 

 

 

富士フイルム和光純薬

投稿者の記事一覧

「次の科学のチカラとなり、人々の幸せの源を創造する」
みなさまの研究開発を支えるチカラとなるべく、
これからも高い技術とクオリティで、次代のニーズにお応えします。
Twitterでの情報提供を始めました。

関連記事

  1. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroace…
  2. 病理学的知見にもとづく化学物質の有害性評価
  3. 高温焼成&乾燥プロセスの課題を解決! マイクロ波がもたらす脱炭素…
  4. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxye…
  5. 材料開発の未来とロードマップ -「人の付加価値を高めるインフォマ…
  6. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trif…
  7. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールの…
  8. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 独バイエル、2004年は3部門全てで増収となった可能性=CEO
  2. 有機アジド(3):アジド導入反応剤
  3. 研究倫理問題について学んでおこう
  4. キャリー・マリス Kary Banks Mullis
  5. 重医薬品(重水素化医薬品、heavy drug)
  6. 第15回日本化学連合シンポジウム「持続可能な社会構築のための見分ける化学、分ける化学」
  7. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず
  8. 元素占いはいかが?
  9. バイエル薬品、アスピリンをモチーフにしたTシャツをユニクロで発売
  10. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2015年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

最新記事

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/05/15 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

分子は基板表面で「寝返り」をうつ!「一時停止」蒸着法で自発分極の制御自在

第613回のスポットライトリサーチは、千葉大学 石井久夫研究室の大原 正裕(おおはら まさひろ)さん…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP