[スポンサーリンク]

archives

酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒

[スポンサーリンク]

溶媒を脱水/脱気することは副反応を防ぎ、より正確な反応を行うために重要なことです。

和光純薬工業ではこれまでに超低水分を保証した超脱水溶媒を取り扱っていましたが、今回あらたに溶存酸素濃度も低く抑えた脱酸素脱水溶媒をラインアップしました。

注目は水分、酸素の残存濃度!

水分含量は0.001%(10ppm)以下

溶存酸素濃度も1ppm以下

それぞれの値がどの程度のものかについて、ご参考までに。

水分値は、過去にChem-Stationでも記事として取り上げられていました。

(乾燥剤の脱水能は?❘Chem-Station)

THFの場合

  • ナトリウム/ベンゾフェノン法:40ppm程度
  • モレキュラシーブス法:10ppm程度
  • 超脱水/脱酸素脱水溶媒(和光純薬):全製品10ppm以下

一般的に信頼できる手法:ナトリウム/ベンゾフェノン法でも40ppm残っていることは

意外に思われたかもしれません。

また溶存酸素濃度が合成反応にどの程度影響するのか検討され、報告された事例を紹介します。

武田薬品工業株式会社 山田らはfasiglifamの製造プロセス検討において、溶存酸素濃度1ppm以下のメタノールを使用し不斉水素化反応を行う事が、最も良好な収率で反応が進むことを見出しています。

sansonoudo

Reference : Yamada, M. et al.: “ Development of manufacturing process for fasiglifam via asymmetric hydrogenation with trace ruthenium catalyst” 2014 Winter Symposium on Process Chemistry.

モニターも募集しています!

また、ただ今モニターキャンペーンも行っています。「脱酸素脱水溶媒」 全製品の中から100ml包装1本を提供させていただきます!ぜひこの機会に「脱酸素脱水溶媒」をお試しください。

お問い合わせはコチラよりお待ちしています!(2015年10月~サンプルなくなり次第終了!)

おわりに

また脱酸素脱水溶媒は、有機合成用途以外にも、無機材料分野や半導体の洗浄用など、幅広い用途に優れた性能を発揮できると期待されています。

和光純薬工業で販売している脱酸素脱水溶媒は、在庫で取扱いの容量以外にも工業スケールまで対応することができます。(100mLラボスケールからトン単位の工業レベルまで対応可能)

youbai-dai

脱酸素脱水溶媒 大容量タンク

脱酸素脱水溶媒 製品リスト

製品コード 品名 容量 価格
045-33041 o-ジクロロベンゼン(脱酸素) 100mL ¥4,000
047-33045 500mL ¥6,000
049-32341 ジクロロメタン(脱酸素) 100mL ¥2,600
041-32345 500mL ¥4,400
042-32071 N,N-ジメチルホルムアミド(脱酸素) 100mL ¥3,000
044-32075 500mL ¥5,100
040-32871 ジメチルスルホキシド(脱酸素) 100mL ¥4,500
042-32875 500mL ¥7,600
052-08701 エタノール(脱酸素) 100mL ¥3,300
054-08705 500mL ¥5,310
088-09301 ヘキサン(脱酸素) 100mL ¥3,000
080-09305 500mL ¥4,800
133-17511 メタノール(脱酸素) 100mL ¥2,600
135-17515 500mL ¥4,150
206-18531 テトラヒドロフラン(脱酸素)(安定剤不含)  100mL ¥2,600
208-18535 500mL ¥4,800
204-18537 18L 照会
207-18701 テトラヒドロフラン(脱酸素)(安定剤含有) 100mL ¥2,800
209-18705 500mL ¥4,900
200-18671 トルエン(脱酸素) 100mL ¥3,000
202-18675 500mL ¥4,100
249-00891 キシレン(脱酸素) 100mL ¥3,000
241-00895 500mL ¥4,400

※価格は2015年10月時点の設定です

 

 

 

富士フイルム和光純薬

富士フイルム和光純薬

投稿者の記事一覧

「次の科学のチカラとなり、人々の幸せの源を創造する」
みなさまの研究開発を支えるチカラとなるべく、
これからも高い技術とクオリティで、次代のニーズにお応えします。

関連記事

  1. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジン…
  2. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉…
  3. 向山酸化剤
  4. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rote…
  5. グラフェンの量産化技術と次世代デバイスへの応用【終了】
  6. キラルオキサゾリジノン
  7. バトフェナントロリン:Bathophenanthroline
  8. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ソウル大教授Nature Materials論文捏造か?
  2. シュテルン-フォルマー式 Stern-Volmer equation
  3. 有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】
  4. 芳香族ボロン酸でCatellani反応
  5. マンダー試薬 Mander’s Reagent
  6. 光触媒で新型肺炎を防止  ノリタケが実証
  7. 「無保護アルコールの直截的なカップリング反応」-Caltech Fu研より
  8. 三菱化学の合弁計画、中国政府が認可・330億円投資へ
  9. 燃える化学の動画を集めてみました
  10. かぶれたTシャツ、原因は塩化ジデシルジメチルアンモニウム

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP