[スポンサーリンク]


2022年 2月 14日

  1. 有機合成化学協会誌2022年2月号:有機触媒・ルイス酸触媒・近赤外光応答性ポルフィリン類縁色素・アリルパラジウム中間体・スルホン・ポリオキソメタレート

    有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年2月号がオンライン公開されました。2月って怒涛の毎日ですよね。。。昨日のことも覚えてないレベルで大変な毎日ですが、有機合成化学協会誌を読んで気を落ち着かせます。今月号も…

  2. パーフルオロ系界面活性剤のはなし 追加トピック

    Tshozoです。先日ある方から下記のような話を耳にしました。欧州主要メディアでほとんど公表…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授
  2. 研究室でDIY! ~明るい棚を作ろう~
  3. 骨粗鬆症、骨破壊止める化合物発見 理研など新薬研究へ
  4. 研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会
  5. 「サンゴ礁に有害」な日焼け止め禁止法を施行、パラオ
  6. リンダウ会議に行ってきた②
  7. トリメチルロック trimethyl lock

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP