[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ブルース・ギブ Bruce C. Gibb

 

ブルース・C・ギブ(Bruce C. Gibb、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの超分子化学者である。ニューオリンズ大学化学科教授(写真:Gibb Group)。

経歴

1983-1987: ロバート・ゴードン大学 卒業
1987-1992 ロバード・ゴードン大学 博士号取得 (Philip J. Cox 教授)
1993-1994 ブリティッシュコロンビア大学 博士研究員 (John C. Sherman教授)
1994-1996 ニューヨーク大学.博士研究員 (James W. Canary 教授)
1996-2002 ニューオリンズ大学 助教授
2002-2005 ニューオリンズ大学 准教授
2005-2007 ニューオリンズ大学 教授
2007- ニューオリンズ大学 リサーチプロフェッサー

 

受賞歴

 

研究概要

水中で機能する超分子カプセルを活用した反応場、ドラッグデリバリーシステム、分離システムなどの構築を目指した研究を行っている。

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 岩村 秀 Hiizu Iwamura
  2. 赤﨑 勇 Isamu Akasaki
  3. 神谷 信夫 Nobuo Kamiya
  4. チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧
  5. 熊田 誠 Makoto Kumada
  6. ロジャーアダムス賞・受賞者一覧
  7. 白川英樹 Hideki Shirakawa
  8. クラウス・ビーマン Klaus Biemann

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. とある化学者の海外研究生活:アメリカ就職編
  2. キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化
  3. BASFとはどんな会社?-2
  4. 合成化学の”バイブル”を手に入れよう
  5. ギルバート・ストーク Gilbert Stork
  6. 化学系学生のための就活2019
  7. 2010年イグノーベル賞決定!
  8. おっさんマウスが小学生マウスを襲う?待ったの決め手はフェロモンにあり
  9. 含ケイ素四員環 -その1-
  10. 逆電子要請型DAでレポーター分子を導入する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選

筆者の最近では、ちょっとした計算や反応機構を描くツールとしてipadアプリ"GoodNotes"を使…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP