[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ブルース・ギブ Bruce C. Gibb

[スポンサーリンク]

 

ブルース・C・ギブ(Bruce C. Gibb、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの超分子化学者である。ニューオリンズ大学化学科教授(写真:Gibb Group)。

経歴

1983-1987: ロバート・ゴードン大学 卒業
1987-1992 ロバード・ゴードン大学 博士号取得 (Philip J. Cox 教授)
1993-1994 ブリティッシュコロンビア大学 博士研究員 (John C. Sherman教授)
1994-1996 ニューヨーク大学.博士研究員 (James W. Canary 教授)
1996-2002 ニューオリンズ大学 助教授
2002-2005 ニューオリンズ大学 准教授
2005-2007 ニューオリンズ大学 教授
2007- ニューオリンズ大学 リサーチプロフェッサー

 

受賞歴

 

研究概要

水中で機能する超分子カプセルを活用した反応場、ドラッグデリバリーシステム、分離システムなどの構築を目指した研究を行っている。

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 水島 公一 Koichi Mizushima
  2. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  3. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz…
  4. ヨアヒム・フランク Joachim Frank
  5. マット・フランシス Matthew B. Francis
  6. 鈴木 章 Akira Suzuki
  7. クレイグ・ヴェンター J. Craig Venter
  8. ウェルナー・ナウ Werner M. Nau

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド : 1-(3-Dimethylaminopropyl)-3-ethylcarbodiimide
  2. 巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明
  3. 「一家に1枚」ポスターの企画募集
  4. トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanum(III) Trifluoromethanesulfonate
  5. 3色に変化する熱活性化遅延蛍光材料の開発
  6. Grubbs第一世代触媒
  7. スルホニルフルオリド
  8. 抗体触媒 / Catalytic Antibody
  9. 糖鎖クラスター修飾で分子の生体内挙動を制御する
  10. 前代未聞のねつ造論文 学会発表したデータを基に第三者が論文を発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

第214回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科化学専攻(岩本研究室)・小林 良さんに…

99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

 まるで人間の舌のように偽造ウイスキーを見抜くことができる小型のセンサーが開発されました。このセンサ…

天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?

第213回のスポットライトリサーチは、鳥取大学大学院 工学研究科・稲葉 央 助教にお願いしました。…

有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年8月号がオンライン公開されました。ひ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP