[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ブルース・ギブ Bruce C. Gibb

 

ブルース・C・ギブ(Bruce C. Gibb、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの超分子化学者である。ニューオリンズ大学化学科教授(写真:Gibb Group)。

経歴

1983-1987: ロバート・ゴードン大学 卒業
1987-1992 ロバード・ゴードン大学 博士号取得 (Philip J. Cox 教授)
1993-1994 ブリティッシュコロンビア大学 博士研究員 (John C. Sherman教授)
1994-1996 ニューヨーク大学.博士研究員 (James W. Canary 教授)
1996-2002 ニューオリンズ大学 助教授
2002-2005 ニューオリンズ大学 准教授
2005-2007 ニューオリンズ大学 教授
2007- ニューオリンズ大学 リサーチプロフェッサー

 

受賞歴

 

研究概要

水中で機能する超分子カプセルを活用した反応場、ドラッグデリバリーシステム、分離システムなどの構築を目指した研究を行っている。

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman
  2. 入江 正浩 Masahiro Irie
  3. F. S. Kipping賞―受賞者一覧
  4. ノーベル化学賞・受賞者一覧
  5. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto
  6. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox
  7. トーマス・レクタ Thomas Lectka
  8. 神谷 信夫 Nobuo Kamiya

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin
  2. ホウ素から糖に手渡される宅配便
  3. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応
  4. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体
  5. 冬虫夏草由来の画期的新薬がこん平さんを救う?ーFTY720
  6. キース・ファニュー Keith Fagnou
  7. 李昂 Ang Li
  8. ソラノエクレピンA (solanoeclepin A)
  9. 大日本製薬と住友製薬が来年10月合併・国内6位に
  10. さあ分子模型を取り出して

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒

2017年、南洋工科大学・金城 玲らは、ジアザジボリニンを触媒前駆体として用いるカルボニル化合物の触…

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP