[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ブルース・ギブ Bruce C. Gibb

 

ブルース・C・ギブ(Bruce C. Gibb、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの超分子化学者である。ニューオリンズ大学化学科教授(写真:Gibb Group)。

経歴

1983-1987: ロバート・ゴードン大学 卒業
1987-1992 ロバード・ゴードン大学 博士号取得 (Philip J. Cox 教授)
1993-1994 ブリティッシュコロンビア大学 博士研究員 (John C. Sherman教授)
1994-1996 ニューヨーク大学.博士研究員 (James W. Canary 教授)
1996-2002 ニューオリンズ大学 助教授
2002-2005 ニューオリンズ大学 准教授
2005-2007 ニューオリンズ大学 教授
2007- ニューオリンズ大学 リサーチプロフェッサー

 

受賞歴

 

研究概要

水中で機能する超分子カプセルを活用した反応場、ドラッグデリバリーシステム、分離システムなどの構築を目指した研究を行っている。

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla
  2. 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi
  3. マイケル・クリシェー Michael J. Krische
  4. チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧
  5. 真島利行系譜
  6. グァンビン・ドン Guangbin Dong
  7. リチャード・ヘック Richard F. Heck
  8. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 抗精神病薬として初めての口腔内崩壊錠が登場
  2. 有機リチウム試薬 Organolithium Reagents
  3. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  4. (+)-11,11′-Dideoxyverticillin Aの全合成
  5. 千葉大など「シナモンマスク」を商品化 インフル予防効果に期待
  6. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxidation with Peroxide
  7. 可視光酸化還元触媒 Visible Light Photoredox Catalyst
  8. 化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち
  9. 印象に残った天然物合成1
  10. アジズ・サンジャル Aziz Sancar

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケミカルタイムズ 紹介記事シリーズ

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。2…

光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応

2015年、華中師範大学のWen-Jing Xiao・ Liang-Qiu Luらは、アミンα位での…

蓄電池 Battery

蓄電池 (Battery) とは電池の一種です.二次電池またはバッテリーとも呼ばれ,充放電が可能な電…

アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側

前回、アメリカの大学院でのティーチングアシスタント(TA)について、講義TAの様子を紹介しました(ア…

有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP