[スポンサーリンク]


2023年 12月 06日

  1. 期待度⭘!サンドイッチ化合物の新顔「シクロセン」

    π共役系配位子と金属が交互に配位しながら環を形成したサンドイッチ化合物の合成が達成された。嵩高い置換基を非対称にもつπ共役系配位子の利用で環状構造が実現できた。サンドイッチ化合物の構造1951年に発見されたフェロセンは、有機金属化学…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 製薬各社 2011年度 第2四半期決算
  2. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu
  3. Grubbs第一世代触媒
  4. YMC研究奨励金当選者の声
  5. 飽和C–H結合を直接脱離基に変える方法
  6. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of the Cell
  7. 東芝やキヤノンが優位、微細加工技術の「ナノインプリント」

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

PAGE TOP