[スポンサーリンク]

ケムステニュース

国際シンポジウム;創薬・天然物―有機合成化学の展望―

[スポンサーリンク]

京都薬科大学 21世紀COEプログラム国際シンポジウム;創薬・天然物―有機合成化学の展望―

 

主催:京都薬科大学 21世紀COEプログラム 「伝承からプロテオームまでの統合創薬の開拓」

 

協賛 :日本薬学会、日本化学会、有機合成化学協会

 

日時:2005年9月17日(土)~18日(日)

場所:京都薬科大学  愛学館

 

内容:有機合成化学のトップレベルの化学者達が講演します。例えば、海外では天然物合成の第一人者米スクリプス研究所のK. C. Nicolaou教授、同じくスクリプスの若手P. S. Baran、日本ではテトラサイクリンなどの4大抗生物質の全合成に成功した早稲田大竜田教授、アルカロイドの権威である東大福山教授、同じく東大で今年度学士院賞を受賞した柴崎教授、高原子価ヨウ素を用いた反応を利用し天然物を合成している阪大北教授などなかなかここまで集まることがなく、価値のあるシンポジウムだと思います。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ
  2. 「サリドマイド」投与医師の3割が指針”違反̶…
  3. 非選択性茎葉処理除草剤の『ザクサ液剤』を登録申請
  4. 112番元素が正式に周期表の仲間入り
  5. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ
  6. 金よりも価値のある化学者の貢献
  7. 世界5大化学会がChemRxivのサポーターに
  8. 富山化の認知症薬が米でフェーズ1入り

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議
  2. 熱すると縮む物質を発見 京大化学研
  3. ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Synthesis
  4. スポンジシリーズがアップデートされました。
  5. 人工DNAから医薬をつくる!
  6. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless
  7. 有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号
  8. 学士院賞:数論幾何学の加藤和也京大大学院教授ら10人に
  9. 『分子科学者がいどむ12の謎』
  10. アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

TQ: TriQuinoline

第228回のスポットライトリサーチは、足立 慎弥さんにお願い致しました。シンプルながらこれま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP