[スポンサーリンク]

ケムステニュース

国際シンポジウム;創薬・天然物―有機合成化学の展望―

京都薬科大学 21世紀COEプログラム国際シンポジウム;創薬・天然物―有機合成化学の展望―

 

主催:京都薬科大学 21世紀COEプログラム 「伝承からプロテオームまでの統合創薬の開拓」

 

協賛 :日本薬学会、日本化学会、有機合成化学協会

 

日時:2005年9月17日(土)~18日(日)

場所:京都薬科大学  愛学館

 

内容:有機合成化学のトップレベルの化学者達が講演します。例えば、海外では天然物合成の第一人者米スクリプス研究所のK. C. Nicolaou教授、同じくスクリプスの若手P. S. Baran、日本ではテトラサイクリンなどの4大抗生物質の全合成に成功した早稲田大竜田教授、アルカロイドの権威である東大福山教授、同じく東大で今年度学士院賞を受賞した柴崎教授、高原子価ヨウ素を用いた反応を利用し天然物を合成している阪大北教授などなかなかここまで集まることがなく、価値のあるシンポジウムだと思います。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. DNAに電流通るーミクロの電子デバイスに道
  2. 高校生が河川敷で化学実験中に発火事故
  3. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  4. 住友化学、液晶関連事業に100億円投資・台湾に新工場
  5. シロアリの女王フェロモンの特定に成功
  6. 2008年ウルフ賞受賞者発表
  7. 製薬、3強時代に 「第一三共」きょう発足
  8. ナノってなんて素敵ナノ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水分解反応のしくみを観測ー人工光合成触媒開発へ前進ー
  2. リン Phosphorusー体の中の重要分子DNAの構成成分。肥料にも多用される
  3. 59年前製造の『ヒロポン』陳列
  4. リチャード・ラーナー Richard Lerner
  5. スチュアート・シュライバー Stuart L. Schreiber
  6. 2014年ノーベル化学賞・物理学賞解説講演会
  7. チアミン (thiamin)
  8. 【速報】ノーベル化学賞2014ー超解像顕微鏡の開発
  9. 【追悼企画】化学と生物で活躍できる化学者ーCarlos Barbas教授
  10. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tetrabutylammonium Difluorotriphenylsilicate

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP