[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー超分子化学

  1. 化学のブレークスルー【有機化学編】

    内容内容は二部構成で、第一部では上村大輔教授(慶應大学)、柴崎正勝教授(東京大学)、富岡清教授(京都大学)、林民生教授(京都大学)と、錚々たるメンバーが座談会形式で各々の視点から有機化学のこれまでの10年間を振り返りつつ…

  2. 集積型金属錯体

    内容本書は、機能性化学物質あるいは化学機能の設計という視点から…

  3. レーン 超分子化学

    内容過去25年にわたって進展を遂げてきた超分子化学について、特定の例に裏…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  2. 59年前製造の『ヒロポン』陳列
  3. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成
  4. アンモニアを窒素へ変換する触媒
  5. Googleマイマップを持って学会に出かけよう!
  6. 砂糖から透明樹脂、大阪府立大などが開発に成功
  7. 第87回―「NMRで有機化合物の振る舞いを研究する」Daniel O’Leary教授

注目情報

最新記事

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

PAGE TOP