[スポンサーリンク]


イオンチャネル

  1. タンパク質を華麗に模倣!新規単分子クロリドチャネル

    クロリドチャネル(Chloride Channel: ClC)タンパク質に匹敵する高いクロリド選択性に加えpH応答性を示す単分子チャネルが開発された。先行研究の単分子チャネルにヒドロキシ基を導入したことが鍵である。生体イオンチャネルと人…

  2. 複数のイオン電流を示す人工イオンチャネルの開発

    第101回のスポットライトリサーチです。今回は、東京農工大学・工学部・生命工学科・川野研究室の川野竜…

  3. 目が見えるようになる薬

    たった60原子の化合物を投与するだけで、目が見えるようになるかもしれない。アゾ化合物のシストランス光異性化を利用したその輝かしいからくりをここに紹介します。

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ノーベル化学賞、米仏の3氏に・「メタセシス反応」研究を評価
  2. ゲラニオール
  3. 治療応用を目指した生体適合型金属触媒:② 細胞外基質・金属錯体を標的とする戦略
  4. 香月 勗 Tsutomu Katsuki
  5. 有機化合物で情報を記録する未来は来るか
  6. イグノーベル賞2021が発表:今年は化学賞あり!
  7. クリック反応に有用なジベンゾアザシクロオクチンの高効率合成法を開発

注目情報

最新記事

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

PAGE TOP