[スポンサーリンク]


イオンチャネル

  1. 複数のイオン電流を示す人工イオンチャネルの開発

    第101回のスポットライトリサーチです。今回は、東京農工大学・工学部・生命工学科・川野研究室の川野竜司先生、京都大学・高等研究院物質—細胞統合システム拠点・古川研究室の古川修平先生にインタビューを行いました。川野研究室は2014年に…

  2. 目が見えるようになる薬

    たった60原子の化合物を投与するだけで、目が見えるようになるかもしれない。アゾ化合物のシストランス光異性化を利用したその輝かしいからくりをここに紹介します。

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 記事評価&コメントウィジェットを導入
  2. 飯島澄男 Sumio Iijima
  3. まっすぐなペプチドがつまらないなら「さあ輪になって踊ろ!」
  4. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifield
  5. 駅トイレ光触媒で消臭
  6. コーリー・チャイコフスキー反応 Corey-Chaykovsky Reaction
  7. 一重項励起子開裂を利用した世界初の有機EL素子

注目情報

最新記事

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

PAGE TOP