[スポンサーリンク]

archives

位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化

D3446.gif

 
 

吉戒らは,位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化反応を報告しています。それによれば,コバルト触媒を用いたC-H結合の活性化によるスチレンのヒドロアリール化において,配位子として1,3-ジメシチルイミダゾリウムクロリド(IMes•HCl)を用いた場合は直鎖型,トリシクロヘキシルホスフィン(PCy3)を用いた場合は分岐型の生成物が選択的に得られます。この反応は安価なコバルト触媒を使用し,比較的温和な条件下で行えるなどの利点も有しています。

K. Gao, N. Yoshikai, J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 400.

 
 

関連記事

  1. 活性マグネシウム
  2. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー)…
  3. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボ…
  4. ナトリウムトリス(1,1,1,3,3,3-ヘキサフルオロイソプロ…
  5. フタロシアニン鉄(II) : Phthalocyanine Ir…
  6. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体
  7. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  8. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 5社とも増収 経常利益は過去最高
  2. 個性あるジャーナル表紙
  3. マクマリーカップリング McMurry Coupling
  4. キレーション療法ってなに?
  5. 2017年ケムステ人気記事ランキング
  6. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PDT)
  7. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus
  8. 172番元素までの周期表が提案される
  9. 研究室ですぐに使える 有機合成の定番レシピ
  10. CYP総合データベース: SuperCYP

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP