[スポンサーリンク]

archives

位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化

[スポンサーリンク]

D3446.gif

 
 

吉戒らは,位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化反応を報告しています。それによれば,コバルト触媒を用いたC-H結合の活性化によるスチレンのヒドロアリール化において,配位子として1,3-ジメシチルイミダゾリウムクロリド(IMes•HCl)を用いた場合は直鎖型,トリシクロヘキシルホスフィン(PCy3)を用いた場合は分岐型の生成物が選択的に得られます。この反応は安価なコバルト触媒を使用し,比較的温和な条件下で行えるなどの利点も有しています。

K. Gao, N. Yoshikai, J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 400.

 
 

関連記事

  1. Grubbs第一世代触媒
  2. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  3. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  4. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…
  5. ODOOSをリニューアル!
  6. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2
  7. (1-ジアゾ-2-オキソプロピル)ホスホン酸ジメチル:Dimet…
  8. テトラキス[3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル]ほう酸ナ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申請・審査の全貌
  2. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC reaction
  3. 水が促進するエポキシド開環カスケード
  4. 自己組織化ホスト内包接による水中での最小ヌクレオチド二重鎖の形成
  5. シンポジウム・向山先生の思い出を語る会
  6. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文
  7. これならわかる マススペクトロメトリー
  8. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine
  9. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化
  10. ニッケル触媒でアミド結合を切断する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

動画で見れる!アメリカ博士留学生の一日

アメリカでの大学院生活って、どんな感じ?文章で読んでもなかなか想像が付きにくいかもしれません…

第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

乾燥剤の種類と合成化学での利用法

今回は溶液や化合物の乾燥と乾燥剤などについて話をしようかと思います。書いてみてかなり基本的な話になり…

第18回次世代を担う有機化学シンポジウム

今回の次世代シンポは一味違います!一般講演の優秀発表賞と優秀ディスカッション賞があるのはこれまで…

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP