[スポンサーリンク]

archives

位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化

D3446.gif

 
 

吉戒らは,位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化反応を報告しています。それによれば,コバルト触媒を用いたC-H結合の活性化によるスチレンのヒドロアリール化において,配位子として1,3-ジメシチルイミダゾリウムクロリド(IMes•HCl)を用いた場合は直鎖型,トリシクロヘキシルホスフィン(PCy3)を用いた場合は分岐型の生成物が選択的に得られます。この反応は安価なコバルト触媒を使用し,比較的温和な条件下で行えるなどの利点も有しています。

K. Gao, N. Yoshikai, J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 400.

 
 

関連記事

  1. 1,3-ビス(2,4,6-トリメチルフェニル)イミダゾリニウムク…
  2. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】
  3. ビス(トリシクロヘキシルホスフィン)ニッケル(II)ジクロリド …
  4. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー)…
  5. ジボラン(diborane)
  6. 太陽電池セル/モジュール封止材料・技術【終了】
  7. MNBA脱水縮合剤
  8. ニュースタッフ参加

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授
  2. ペリ環状反応―第三の有機反応機構
  3. 三中心四電子結合とは?
  4. カルロス・バーバス Carlos F. Barbas III
  5. ジェイムス・ブル エナンチオ過剰率決定法 James-Bull Method for Determination of Enantiomeric Excess
  6. ジョアン・スタビー JoAnne Stubbe
  7. 「化学五輪」準備組織が発足、委員長に野依氏
  8. 八島栄次 Eiji Yashima
  9. 【書籍】研究者の仕事術~プロフェッショナル根性論~
  10. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP