[スポンサーリンク]

archives

位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化

[スポンサーリンク]

D3446.gif

 
 

吉戒らは,位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化反応を報告しています。それによれば,コバルト触媒を用いたC-H結合の活性化によるスチレンのヒドロアリール化において,配位子として1,3-ジメシチルイミダゾリウムクロリド(IMes•HCl)を用いた場合は直鎖型,トリシクロヘキシルホスフィン(PCy3)を用いた場合は分岐型の生成物が選択的に得られます。この反応は安価なコバルト触媒を使用し,比較的温和な条件下で行えるなどの利点も有しています。

K. Gao, N. Yoshikai, J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 400.

 
 

関連記事

  1. Horner-Emmons 試薬
  2. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  3. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空…
  4. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー)…
  5. カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化…
  6. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールの…
  7. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  8. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)イリジウム(I) (ダイマー…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 元素占いはいかが?
  2. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  3. バイオタージ Isolera: フラッシュ自動精製装置がSPEED UP!
  4. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil
  5. アラインをパズルのピースのように繋げる!
  6. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso
  7. 2009年ノーベル化学賞『リボソームの構造と機能の解明』
  8. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction
  9. Wileyより2つのキャンペーン!ジャーナル無料進呈と書籍10%引き
  10. 最も引用された論文

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

化学者だって数学するっつーの! :定常状態と変数分離

本記事では、原子軌道や分子軌道に電子が安定に存在するときの波動関数を調べるための方程式である、「時間…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP