[スポンサーリンク]

archives

位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化

D3446.gif

 
 

吉戒らは,位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化反応を報告しています。それによれば,コバルト触媒を用いたC-H結合の活性化によるスチレンのヒドロアリール化において,配位子として1,3-ジメシチルイミダゾリウムクロリド(IMes•HCl)を用いた場合は直鎖型,トリシクロヘキシルホスフィン(PCy3)を用いた場合は分岐型の生成物が選択的に得られます。この反応は安価なコバルト触媒を使用し,比較的温和な条件下で行えるなどの利点も有しています。

K. Gao, N. Yoshikai, J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 400.

 
 

関連記事

  1. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin
  2. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  3. (+)-MTPA-Cl
  4. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bi…
  5. クロロ[(1,3-ジメシチルイミダゾール-2-イリデン)(N,N…
  6. トリ-tert-ブチルホスホニウムテトラフルオロボラート:Tri…
  7. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tet…
  8. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スコット・ミラー Scott J. Miller
  2. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker Amine Synthesis
  3. マダンガミンの網羅的全合成
  4. あなたはどっち? 絶対立体配置
  5. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定
  6. 東レ科学技術賞:東京大学大学院理学系研究科奈良坂教授受賞
  7. バリー・トロスト Barry M. Trost
  8. p-メトキシベンジル保護基 p-Methoxybenzyl (PMB) Protective Group
  9. ベンゼン一つで緑色発光分子をつくる
  10. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

中国科学院 上海有機化学研究所のChaozhong Liらは、アルキルハライドから系中生成させた炭素…

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP