[スポンサーリンク]

archives

位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化

[スポンサーリンク]

D3446.gif

 
 

吉戒らは,位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化反応を報告しています。それによれば,コバルト触媒を用いたC-H結合の活性化によるスチレンのヒドロアリール化において,配位子として1,3-ジメシチルイミダゾリウムクロリド(IMes•HCl)を用いた場合は直鎖型,トリシクロヘキシルホスフィン(PCy3)を用いた場合は分岐型の生成物が選択的に得られます。この反応は安価なコバルト触媒を使用し,比較的温和な条件下で行えるなどの利点も有しています。

K. Gao, N. Yoshikai, J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 400.

 
 
TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2…
  2. エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました
  3. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  4. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリ…
  5. クロロ[(1,3-ジメシチルイミダゾール-2-イリデン)(N,N…
  6. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・…
  7. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxye…
  8. インドール一覧

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai
  2. エーテル系保護基 Ether Protective Group
  3. プロドラッグって
  4. 兄貴達と化学物質
  5. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside
  6. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その3+まとめ
  7. ジェフ・ボーディ Jeffrey W. Bode
  8. 第67回―「特異な構造・結合を示すランタニド/アクチニド錯体の合成」Polly Arnold教授
  9. 光刺激に応答して形状を変化させる高分子の合成
  10. すごい分子 世界は六角形でできている

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘

厚生労働省は、2020年5月15日、日本医療研究開発機構(AMED)の研究班が日本赤十字社の協力を得…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP